日経BPコンサルティング調べ ―「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」【中国・四国編】より― 広島大学が、中国・四国地方の主要大学58校の中で「大学ブランド力」第1位 「広報活動に力を入れている」広島経済大学、「個性的である」岡山理科大学

@Press / 2012年11月21日 9時30分

中国・四国編 表1
 日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で6年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2012-2013」の結果をまとめ、11月21日に調査結果報告書を発行・発売する。全国の468大学を9つの地域に分割し、それぞれの地域で調査を実施。「認知度/認知経路」「入学推薦度」「採用意向度」「49項目のブランド・イメージ」など、様々な角度から有職者、中学生以上の子供を持つ父母、教育関連従事者が評価した。本リリースでは、【中国・四国編】の結果について紹介する。


◆中国・四国編では、広島大学、岡山大学、愛媛大学が「大学ブランド力」ランキングのトップ3に。
◆「大学ブランド力」ランキング上位6校は、国立大学が占める。
◆「広報活動に力を入れている」広島経済大学、「個性的である」岡山理科大学など、「らしさ」が大学ブランド力として評価につながる結果に。


●有職者(ビジネスパースン)からみた「大学ブランド力」:
 上位6位が国立大学。私立大学トップはノートルダム清心女子大学

 中国・四国編の「大学ブランド力」(大学ブランドの総合力を示すスコア)ランキング第1位は、88.4ポイントを獲得した広島大学(表1)。第2位は岡山大学(79.7ポイント)で、第3位には愛媛大学(60.5ポイント)と、国立大学が続いた。
 58校の大学ブランドスコアの分布をみると、広島大学が第2位の岡山大学に10ポイント近くの差をつけて第1位を獲得。第2位の岡山大学と第3位の愛媛大学の間では20ポイント近く差が開いた。また、第7位のノートルダム清心女子大学から、第19位の広島市立大学までの13校が50ポイント台に入り、大激戦となった。それ以降の39の大学は平均以下の40ポイント台となり、各校の魅力をまだ十分に伝えきれていないと思われる結果になっている。
 また、トップ10のうち上位6位までを国立大学(広島大学、岡山大学、愛媛大学、徳島大学、山口大学、香川大学)が占めた。7位から10位までは私立大学(ノートルダム清心女子大学、広島工業大学、松山大学、岡山理科大学)がランクインしている。


●教育関連従事者評価:
 「広報活動に注力」広島経済大学、「個性的である」岡山理科大学

 本調査では、学校に勤務する教員・職員など教育関連従事者にもブランド評価を依頼している。その結果から、各ブランド・イメージ項目第1位になった大学をみると、その大学の特徴や「らしさ」が、どの程度浸透しているかがうかがえる(表2)。
 本年の調査では、「広報活動に力を入れている」で、広島経済大学が第1位を獲得。テレビCMや、インターネットでの広報活動に評価の声が上がった。また、「個性的である」では岡山理科大学が、「面白みがある」では高知工科大学がそれぞれ第1位になるなど、各大学の特徴が明らかになった。
 今回、大学の認知経路についても尋ねているが、高知大学をはじめとして、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの認知が少しずつ増えている。「首都圏編」においても、東京大学や明治大学などで同じような傾向がみられた。こういった新しいメディアをいち早く取り入れ活用する例も増えており、今後の広報のあり方に変化が生まれていることも垣間見られる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング