古事記編纂の舞台 奈良・大和郡山にて「やまとごころ復活祭」開催 朗読・朗詠作品『ヤマトタケル物語』をお披露目 ~編纂1,300年目を終える冬至に~

@Press / 2012年11月29日 13時0分

開催案内フライヤー
新日本文芸協会/古事記編纂1300年記念実行委員会(本社:茨城県常総市内守谷町きぬの里2-18-1、実行委員長:菅原 克行)は、古事記編纂1,300年目を終える冬至の日に、『古事記編纂者と語る~ヤマトタケル物語~』を発表いたします。
発表は、古事記の舞台である奈良・大和郡山市にて開催される「やまとごころ復活祭」のイベント内で披露します。

イベント詳細: http://sn-bungei-kyoukai.com/


■イベントの見どころ
古事記のなかに登場するヤマトタケルノミコト。古事記編纂者、太 安万侶・稗田 阿礼のふたりは、ミコトの歌を伊勢神宮に直筆でしたため奉納していました。
その歌と背景を紹介する、朗読・朗詠の作品『ヤマトタケル物語』を、新日本文芸協会顧問の大下 伸悦が制作し、そのお披露目を、古事記編纂の舞台である奈良・大和郡山市にて感謝とともに開催いたします。日本人の誇りと、世界に果たす日本の役割に気づく作品となっています。
太 安万侶・稗田 阿礼おふたり所縁のお宮の宮司さまがそろい、1,300年の時を越えて、現代に伝えてくれる大切なこととは・・・。
当日は、古い太陽が沈み新しい太陽が昇る日、冬至。どうぞ足をお運びください。


■開催イベントの概要
イベント名 :「やまとごころ復活祭」
日時    : 2012年12月21日(金)冬至 18:30~20:45(18:00開場)
会場    : 大和郡山城ホール 小ホール
        〒639-1160 奈良県大和郡山市北郡山町211-3
交通アクセス: http://www.ykjohall.jp/access.html
参加費   : 500円

<プログラム>
18:30~19:15 記念フォーラム
       出演:藤本 保文 (稗田 阿礼縁の「賣太神社」宮司)
          上田 清 (大和郡山市長)
          大下 伸悦 (作家、伊勢神宮奉納文神代文字保存会会長)
       ※ビデオ出演 多 忠記(太 安万侶縁の「多神社」宮司)
19:20~20:30 記念講演・朗読 大下 伸悦
20:30~20:45 「天晴れの唄」 あん真(Anjin) ※「あん」の表記は安に頁

主催: 新日本文芸協会/古事記編纂1300年記念実行委員会
URL : http://sn-bungei-kyoukai.com/


■団体概要
名称    : 新日本文芸協会/古事記編纂1300年記念実行委員会
本社住所  : 茨城県常総市内守谷町きぬの里2-18-1
代表者   : 実行委員長 菅原 克行
ホームページ: http://sn-bungei-kyoukai.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング