子育てや家庭と仕事が両立できる保育士就労支援 「Nursery MaMa」採用制度開始について

@Press / 2013年4月1日 10時0分

シンボルイメージ
 「アート引越センター」を中心に暮らし方を提案する企業グループであるアートグループの保育事業、アートチャイルドケア株式会社(本社:大阪府大東市 代表取締役社長:村田 省三)は、子育て中で一旦保育の現場から退いている保育士(潜在保育士)を「Nursery MaMa」と名付け、積極的に採用する採用制度を開始いたします。子育て中でも働きたい、という意欲のある保育士に安心して活躍していただく場を提供するとともに、保育業界全体の課題である保育士不足の解消にも繋がると考えております。

 「Nursery MaMa」(※シンボルイメージは添付画像参照)はアートチャイルドケアが独自で名付けた、結婚や出産により一度離職した子育て中の保育士の名称です。この「Nursery MaMa」の雇用を促進する採用制度を開始いたします。
 対象は小学校3年生修了前の子どもを持つ子育て中の保育士有資格者で、当社が運営する全国の保育園にて就労していただきます。2013年度は全国で30名を募集します。雇用形態はシフト制の契約社員で、対象者の希望に合わせ、月間50時間、及び80時間の2種類の雇用時間を選べるようにし、より働きやすい制度となるよう配慮しました。
 対象期間を終了した後には希望によりフルタイム勤務の社員または非常勤として就労を続けていただくこともできます。当社はこれまでにも時短勤務のパートタイマー制雇用を実施しておりますが、子育て中の潜在保育士に特化した制度を設けるのは初の試みとなります。

 現在、全国で保育所に入れない待機児童の増加が問題視されています。この問題は、保育施設の不足、ひいては保育士不足がもたらす社会的な課題でもあります。保育士資格を有するのに、保育業務から退いているいわゆる「潜在保育士」は全国に57万人とも言われています。全国的な保育士不足問題を解消する方策の一つとして、厚生労働省でも最近になってこの「潜在保育士」の雇用支援について取り組みをはじめています。

 一度離職した保育士が職場復帰せず、潜在保育士化してしまう要因の一つとして、子育てや家庭との両立から時短勤務を希望しても、条件に見合う求人がないことがあげられます。この「Nursery MaMa」制度は、家庭と両立して安心して働ける環境を用意し、子育て中の潜在保育士に特化した分かりやすい求人を行うことで、「働きたい」というニーズを喚起し、家庭と両立して安心して働ける環境を用意したいと考えています。
 働く女性を支援したい、という思いから保育事業を始めた当社としましては、働く意欲のある潜在保育士の力を活用し、女性の社会参加の手助けをして参りたいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング