match.com 愛の調べ~婚活・ライフ・バランス編~ 7割以上が「婚活疲れ」を実感

@Press / 2013年4月18日 13時30分

match.com 愛の調べ~婚活・ライフ・バランス編~
世界最大級(注1)の恋愛・結婚マッチングサイト(注2)マッチ・ドットコム ジャパン株式会社(米国本社:テキサス州、所在地:東京都港区、代表取締役:金野 知行、以下 match.com)は、全国の25~45歳の婚活を行っている独身男女計241名を対象に、婚活と日常生活との両立に関する調査を実施しました。同調査結果を『第27回match.com 愛の調べ~婚活・ライフ・バランス編~』として本日発表します。


■調査内容
春は出会いの季節。暖かな陽気に心弾ませ、「婚活を頑張ろう!」と張り切っている独身の方も多いことでしょう。とはいっても、婚活男女の中心は、20~40代の働き盛り。毎日忙しい中、時間やお金のやりくりをしながら婚活を行うのは、とても労力がいることです。

match.comでは、婚活と日常生活のバランスを上手く取ることを「婚活・ライフ・バランス」と名付け、現在婚活中の方々がどのような悩みを抱え、どのように婚活・ライフ・バランスを保っているのかを探りました。

◎調査結果詳細
http://jp.match.com/landing/CPLanding.aspx?cpp=jpn/cnt/release/201304/index.html&trackingid=2168941


■調査内容ハイライト
・「婚活疲れ」を実感している…75%
・婚活の「相談相手いる」…60% 4人に1人は「相談したいが相手がいない」
・婚活のために「犠牲」にしていることがある…51%
・犠牲にしているのは「貯金」…29%、「趣味」…18%、「友人付き合い」…16%
・婚活以外にも「頑張っていること」がある…74%


注1)comScore Media Metrix、2005年11月調べ
注2)恋愛・結婚マッチングサイト:インターネットで結婚相手や恋人を探す事ができるサービスで、希望する相手の年齢や性別、居住地、趣味などの条件を設定し、条件にあった相手を登録会員の中から探すことが可能。


■結果詳細
【Q1】婚活歴はどのくらいですか?
<全体>
・半年未満…26.6% ・半年~1年未満…24.5% ・1年~2年未満…19.1%
・2年~3年未満…11.6% ・3年~5年未満…8.3% ・5年~10年未満…7.1%・10年以上…2.9%

<20代>
・半年未満…33.3% ・半年~1年未満…39.4% ・1年~2年未満…15.2%
・2年~3年未満…7.6% ・3年~5年未満…0% ・5年~10年未満…4.5%
・10年以上…0%

<30代>
・半年未満…26.4% ・半年~1年未満…20.0% ・1年~2年未満…21.4%
・2年~3年未満…12.9% ・3年~5年未満…10.7% ・5年~10年未満…5.7%
・10年以上…2.9%

<40代>
・半年未満…14.3% ・半年~1年未満…14.3% ・1年~2年未満…17.1%
・2年~3年未満…14.3% ・3年~5年未満…14.3%
・5年~10年未満…17.1% ・10年以上…8.6%

婚活歴1年未満の方が約半数を占めました。年代別に見ると、年代が上がるにつれ婚活歴は長くなり、40代では2年以上の方が過半数を占めています。


【Q2】どのような活動をしていますか?(複数回答可)
・合コン…48.5%
・友達に紹介してもらう…49.8%
・趣味のサークル…15.8%
・お見合い…13.7%
・結婚相談所…18.7%
・カップリングパーティー…19.5%
・街コン…19.1%
・婚活サイト…29.9%
・SNS…14.5%
・その他…2.1%

約半数の人が「友達に紹介してもらう」や「合コン」を行っていると回答。他には、「婚活サイト」は29.9%の方が、パーティー、街コン、結婚相談所は、それぞれ19%前後の方が行っていました。「趣味のサークル」や「SNS」を婚活に挙げている方もいました。

【Q1】【Q2】結果
http://www.atpress.ne.jp/releases/34998/2_2.gif


【Q3】婚活疲れはありますか?
・ない…19.5%
・少しある…42.7%
・ある…18.7%
・とてもある…13.7%
・わからない…5.4%

「少しある」「ある」「とてもある」を合わせると75.1%と、7割以上の人が婚活疲れを感じています。理由として多く挙がったのが「いい人が見つからない」ことや「初対面の相手に対する気疲れ」です。

いい人が見つからないと答えた方は、婚活の努力が実らないことへの焦りや不安を抱いていました。婚活歴が長くなればなる程、そのストレスに長い間さらされるため、「このまま見つからないかもしれないという焦りや精神的ストレスから、感情が不安定になることがある」(43歳女性/婚活歴:5年~10年未満)と深刻な心労を抱えている方もみられました。

初対面の相手に気疲れすると答えた方は、慣れない相手との会話にストレスを感じていました。「人と付き合いなれていないので精神的に疲れる」(27歳女性/婚活歴:半年未満)というように、もともと外向的でない方には、特に厳しいようです。また、お決まりの自己紹介や自己アピールの繰り返しに、「同じ作業の繰り返しになるので飽きる。モチベーションの維持が難しい」(31歳男性/婚活歴:2年~3年未満)との意見もありました。

一方、「休みが潰れるので疲れる」(31歳男性/婚活歴:3年~5年未満)と、体力面での疲れを訴える方もいました。


【Q4】婚活の悩みを相談できる相手は、誰ですか?
・婚活中の友人…28.6%
・婚活中ではない友人…12.9%
・職場の同僚…7.1%
・家族…9.5%
・婚活カウンセラーなどの専門家…1.7%
・相談したいが、する相手がいない…25.3%
・必要がないので、相談しない…14.9%

婚活疲れを感じている方達は、悩みを相談できる相手はいるのでしょうか。全体の6割の方は、婚活の悩みを相談できる相手がいると回答。中でも、同じ立場で悩みを聞いてくれる「婚活中の友人」が28.6%と最も多く、次に「婚活中ではない友人」12.9%が続きました。
また、結婚は本人同士だけの問題ではないということもあり、「家族」へ相談するという方が9.5%いました。特に20代では16.9%と他の年代より多くみられました。日頃からよくコミュニケーションを取っていれば、人生経験も長く自分のことをよく分かっている家族は、良い相談相手になりそうです。

一方で、4人に1人の方は「相談したいが、する相手がいない」と回答、婚活に孤軍奮闘していることが伺えます。特に40代の42.9%の方が相談したいのに相手がいないという状況で、歳を重ねるにつれ理解者を探すのも困難になることが伺えます。

【Q3】【Q4】結果
http://www.atpress.ne.jp/releases/34998/3_3.gif


【Q5】婚活のために犠牲にしていることはありますか?
・仕事…8.3%
・自己研鑚、勉強…9.5%
・貯金…29.0%
・趣味、娯楽…18.3%
・友人付き合い…15.8%
・家族付き合い…5.4%
・健康管理…3.7%
・社会貢献…4.1%
・家事…5.4%
・育児・介護…0.4%
・その他…0.4%
・特にない…49.4%

約半数の方が、婚活のために何かを犠牲にしていると回答しました。婚活にお金と時間がかかるために、婚活前のライフスタイルを続けられない人が多いようです。

最も犠牲になっていたのは「貯金」で、全体の29.0%でした。結婚相談所やパーティーの参加費、飲食代、洋服代など、婚活にかかるお金は少なくありません。貯金をそのまま婚活費用に充てている人もいるのでしょう。「貯金したい額を切り崩して婚活にまわしている」(25歳女性)という方や、「老後が不安なので貯金したいけど、どこに出会いがあるか分からない、と思うと友人の誘いや飲み会、合コンなどへ出費してしまう」(33歳女性)というジレンマを抱えている方もいました。洋服代がかさむのは女性だけではなく、「着たくもない服を着るためにお金を使っている」(34歳男性)という方も。

他にも、お金と時間が減ることで「趣味」や「友人付き合い」を控えなくてはならない方、婚活に力を注ぐあまり「仕事」を犠牲にしているという方も見られました。

マイナス面ばかりが浮き彫りになりましたが、一方で、婚活が日常生活に良い影響も与えていることが、次の質問から明らかになりました。

【Q6】婚活と並行して、頑張っていることはありますか?
・ある…73.9%
・ない…26.1%

73.9%の方が「ある」と回答。男女ともに、仕事に対する意識はやはり高く、「現在の仕事」や「資格取得」、「転職活動」を頑張っているという方が目立ちました。婚活をきっかけに、「将来のことを真剣に考えるようになった」(33歳、男性)、「異職業の人に多く出会えてよい刺激や勉強になる」(35歳女性)など、婚活が仕事面にも良い影響を与えているようです。

また、健康維持やスタイル維持のためにウォーキング、筋トレを頑張っているという方や、婚活をきっかけにダイエットを始めたという方も大変多く見られました。「おしゃれになった(29歳女性)」「身だしなみを以前より気にするようになった(34歳男性)」と、婚活を機に良い習慣が身についた人が続出しています。

その他、料理を頑張っているという方や、「お部屋の片付け。片付けが嫌いだが、いつ出会いがありお家にご招待することがあってもいいようにキレイにすることを心掛けている(42歳女性)」という方もいました。

婚活は、日常生活を見直す良いきっかけになっているようです。さらに、婚活が与える良い影響を探ってみました。

【Q5】【Q6】結果
http://www.atpress.ne.jp/releases/34998/4_4.gif


【Q7】異性と出会う以外に、婚活をはじめてよかったと思うことはありますか?(自由回答)

「コミュニケーション能力がついた」(33歳女性)
「いろいろな考え方に触れることができた」(44歳男性)
「自分を見つめ直すいい機会になった」(39歳女性)
「同性の友人が増えた」(40歳、女性)
「我慢強くなったと思う」(38歳男性)

多かったのが「自分磨きをするきっかけになった」。婚活によって自分の長所・短所を改めて自覚し、色々な人に出会って視野が広がることで、向上心が高まるようです。普段接しないような人との交流によって、会話のセンスやコミュニケーション能力が高まったという方も。また、【Q5】では、友達付き合いが婚活の犠牲になっている一面が明らかになりましたが、逆に、婚活をきっかけに新たに同性の友人が出来るなど、嬉しい副作用も出てきています。

■考察
多くの方が、お金や時間のやりくりをして、婚活・ライフ・バランスを保ちながら前向きに婚活に取り組んでいる実態が明らかになりました。婚活をきっかけに、自分の将来をあらためて真剣に考えたり、色々な人との関わりの中で自分の視野を広げるなど、婚活の領域にとどまらない効果を得ています。

ただ、そうした反面、7割以上の方が婚活疲れも感じています。結婚できないかもしれないという不安、自信の喪失。そんな時に、同じ悩みを共有できる友人や仲間がいれば心強いでしょう。婚活仲間やよき相談相手を見つけることが大切だといえそうです。


【特集コンテンツ】婚活・ライフ・バランスを考えよう
http://jp.match.com/landing/CPLanding.aspx?cpp=jpn/cnt/special/apr2013/index.html


■調査概要
調査方法  :インターネット調査
調査期間  :2013年3月13日~20日
有効回答者数:241人
回答者の属性:20代…66人、30代…140人、40代…35人
男女内訳  :男性…116人 女性…125人


■match.com について( http://www.match.com )
match.comは、世界最大級のインターネット・マッチングサービスとして、世界5大陸25ヵ国、8言語にて会員制インターネット・マッチングサイトを運営しています。match.comは、インターネット・マッチングのパイオニアとして1995年の設立以来、常に改善を続け、新たな恋愛のツールを会員に提供してきました。match.comでは、様々な人種、言語、居住地、年齢、性別、趣味、性格、身体的特徴など多種多様なプロフィールをもつ会員から条件を設定し、条件にあった相手を探すことができます。match.comは、日本ではMSN、AOL、ウォーカープラス、So-net、OCN、ORICON STYLE、gooにコンテンツを提供。match.comはIAC/Interactive Corp (NASDAQ:IACI)の営利会社です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Q1-Q2Q3-Q4Q5-Q7

@Press

トピックスRSS

ランキング