タブレット型POSシステム「pos-cube (ポス・キューブ)」、期間限定で2つの「0円プラン」を設定

@Press / 2013年6月19日 10時30分

キャンペーン・ロゴ
各種アプリやWEB用ソフトウェアの開発・販売元である株式会社フォウカス(本社:東京都新宿区、代表取締役:栗田 雅明)は、本格的タブレット型POSシステム「pos-cube (ポス・キューブ)」の販売プランとして、月額使用料を0円とするプランAと、初期導入費を0円とするプランBを新たに設定し、2013年7月31日までの期間限定で販売します。同時に、サーバをクラウド化した「pos-cube Lite (ポス・キューブ・ライト)」も、プランBの設定商品として、この度新たに市場導入します。
http://www.pos-cube.com/campaign.html


「pos-cube」は、レストランやダイニングバー等の飲食店専用に開発された本格的なトータルPOSレジシステムで、iPad等の市販端末を利用することで、スタイリッシュかつシンプルな構成でPOSレジシステムを導入できるのが特長です。シンプルでありながらも機能は多彩。飲食店特有のテーブル管理機能(テーブルセレクション)や、メニュー内のカテゴリー別売上げ集計、来店客の属性集計、レジ締めレシートやジャーナル等の豊富な帳票出力、現金やクレジット以外の支払い設定登録も可能等、飲食店で必須となる様々な便利機能を網羅しており、タブレットを使用した各社のPOSレジの中で、飲食店ニーズにマッチした最も本格的なPOSレジの1つと言えます。

この度の2つの販売プランは、「pos-cube」の基本構成の中から、ハンディ・オーダーエントリーシステムを省くことで、カフェ等の小規模店舗に合わせた内容とし、導入コストを極力抑えながらも、本格的なPOSレジシステムを簡易的に利用できるプランです。

プランAは、毎月の負担となる月額利用料を0円とし、初期導入費のみで導入できるプラン。テーブルごとの注文を受けることができる他、マスター管理や売上分析等のPOS機能を利用することができます。一方のプランBでは、店舗内にシステムサーバを設置せず、クラウド上のサーバにアクセスする新システム「pos-cube Lite」を新たに設定。これにより、初期導入費0円、月額使用料4,000円という低価格を実現することができました。iPadと無線環境さえあれば、すぐにでも本格的POSレジが利用できるという手軽さを実現しました。

なお、いずれのプランも7月31日までの期間限定となっており、プランBは注文数が5件に達したところで終了となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング