本との対話を通して自分なりの答えを探す体験型展覧会「終わりから始まるものがたり ―25の問いと100冊の本―」8月15日より開催 特設サイト開設と関連イベントのお知らせ

@Press / 2013年8月8日 11時0分

特別展 メインビジュアル
千代田区立日比谷図書文化館では、8月15日から、本との対話を通して自分なりの答えを探す体験型展覧会「終わりから始まるものがたり ―25の問いと100冊の本―」を開催いたします。その特設サイトと関連イベントに関するお知らせです。


【「本」に関する問いかけ特設サイトの開設】
「問いかけ」と「本」による展覧会「終わりから始まるものがたり ―25の問いと100冊の本―」の特設サイトを開設しました。「100年後の図書館はどうなっているでしょうか?」など、本にまつわる問いかけへの答えを書き込んでいただけます。このサイトは展覧会会場と連携しながら、会場内にとどまらず、展覧会参加者のみならず図書館利用者や本に興味を持つ幅広い層の人々の考えにふれ、交流することができる参加型の特設サイトです。

日比谷図書文化館 特別展
「終わりから始まるものがたり ―25の問いと100冊の本― 特設サイト」
http://hibiyal.jp/hibiya/exhibition2013

<サイトで楽しめる6つの質問>
■「生きている」ってなんでしょう?
■人はなぜ進歩しようとするのでしょうか?
■変化と多様にみちた世界のなかで、あなたが残したいものはなんですか?

■本のない世界が想像できますか? (Facebookページ)
https://www.facebook.com/honnonaisekai
■100年後の図書館はどうなっているでしょうか? (Facebookページ)
https://www.facebook.com/100nengonotoshokan
 ■「運命的な本」との出会いはありますか? (Facebookページ)
https://www.facebook.com/hontonodeai


【記念講演 「対談 記憶から記録へ、そしてまた記憶へ~本の始まりと終わり~」】
本講演会では、本を知り尽くすお二人に、危機的な状況下における「記録」の危うさや、確かな記憶を増やすうえで欠かすことのできない、本という存在についてお話いただきます。

講師    :高宮 利行氏(中世英文学者・慶應義塾大学名誉教授)
       荒俣 宏氏(博物学者・翻訳家)
日時    :9月26日(木)19:00-20:30 (受付開始18:30~)
場所    :日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス(小ホール)
参加費   :1,500円
定員    :60名(申込順、定員になり次第締切)
推薦図書  :『もうすぐ絶滅するという紙の書物について』
        ウンベルト・エーコ、ジャン=クロード・カリエール 共著
        工藤 妙子 翻訳
        2010年 阪急コミュニケーションズ 出版
申し込み方法:電話(03-3502-3340)、Eメール( college@hibiyal.jp )、
       日比谷図書文化館 1階 受付にてお申し込みいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング