商業施設「アトレヴィ大塚」にイタリアン「パパミラノ」が9月12日OPEN!「パパミラノ」初の500℃で焼き上げる「ナポリ風ピッツァ」と「自家製ドルチェ」(全8種類)が魅力!

@Press / 2013年8月28日 13時0分

「パパミラノ」外観イメージ
「食の楽しさをダイナミックにクリエイトする」をコンセプトに、関東・関西でレストラン・バーなどを244店舗経営するサントリーグループ株式会社ダイナック(本社:東京都新宿区新宿1-8-1、代表取締役社長:若杉 和正)は、2013年9月12日(木)に人気のイタリアンブランド「パパミラノ」22号店目(※1)となる『ピッツァ&パスタ パパミラノ アトレヴィ大塚店』を、新商業施設「アトレヴィ大塚」に新規出店いたします。

※1 詳しくはリリース末尾にある【「パパミラノ」 店舗一覧】をご覧下さい。

「パパミラノ」アトレヴィ大塚店の外観イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/38264/1_1.jpg


【豊島区南大塚エリアにダイナック社が初出店】
東京都豊島区のJR大塚駅は都電荒川線と他の路線が交わる数少ない駅で、一日乗降客数は11万人強となります。また、駅周辺には昔ながらの八百屋や魚屋が立ち並ぶ商店街もあり、都心ながらのんびりとしていて、どこか懐かしい雰囲気が漂う街並みが広がります。

「パパミラノ」ブランドは出店する地域や立地の特徴によってタイプを変化させながら、地域密着型の店舗展開を行ってまいりました。今回もJR大塚駅の商業施設「アトレヴィ大塚」の消費者ニーズに合ったスタイルで運営していく方針です。

また、「パパミラノ」22店舗のうち初めてナポリ風ピッツァと500℃の高温でピッツァを焼き上げるオーブンを導入したことも特徴の一つです。高温・短時間で焼き上げることにより、小麦の香りが際立ち、ナポリ風ピッツァ特有のモチモチッとした生地に仕上がり、おいしさがアップします。ピッツァは全13種類ご用意しております。(※2)

さらに、「アトレヴィ大塚店」でしか味わえない、ふわふわ食感のフレンチトーストを新メニューとしてラインナップするとともに、常時全8種類の店内自家製ドルチェメニューをご用意するなど、デザートメニューの充実に注力しているのも特徴の一つです。

※2 人気の「モッツァレラチーズとバジルのピッツァ“マルゲリータ”」1,420円をはじめとした全13種類のピッツァを提供いたします。


【外はパリッ、中はモチッと仕上がるピッツァメニュー(全13種類)】(※3)
http://www.atpress.ne.jp/releases/38264/2_2.jpg
左:「とろ~り玉子とベーコンのピッツァ“ビスマルク”」
右:「いろいろキノコとバジルソースのピッツァ“フンギ・ジェノバ”」

@Press

トピックスRSS

ランキング