“美しい3D空間で遊ぶ麻雀ゲーム”ゲームデザイン、『3D麻雀』を3プラットフォームで公開

@Press / 2013年9月6日 17時30分

『3D麻雀』画面
Flash制作を行う有限会社ゲームデザイン(所在地:千葉市中央区、代表者:伊藤 太郎)は、3D空間で遊ぶ麻雀アプリ『3D麻雀』を、iOS、Android、PCの3プラットフォームで公開しました。


■『3D麻雀』について
『3D麻雀』は、2D表現を使わないフル3Dの空間で、麻雀を遊ぶことができます。1人でじっくり麻雀を打ちたい人向けのゲームです。リアルな4人打ち麻雀で、コンピューターの麻雀打ちが相手となります。コンピューターの打ち手はそれぞれが見えている牌、点棒、順位などの状況を見て判断し、行動します。


■『3D麻雀』特徴
フル3Dで、牌がカメラのズームによって大きく表示され、モバイル端末でも快適に操作できます。また、3D画面は高解像度であるほど精細になるので、特にタブレット端末では美しく表示されます。


<アプリ詳細>
● iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/3d-ma-que/id691805885

● Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gamedesign.mahjong

● PC版
http://www.gamedesign.jp/unity/mahjong/mahjong.html


■『3D麻雀』概要
公開日 :2013年9月6日(金)
価格  :無料
主な内容:3D空間で遊ぶ麻雀アプリ


【会社概要】
名称 : 有限会社ゲームデザイン
代表者: 伊藤 太郎
設立 : 2004年9月
所在地: 千葉県千葉市中央区松波2-18-6 ロッキー松波ビル4F
URL  : http://www.gamedesign.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング