工事現場向けに、長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)」新ラインナップ 小型・自立電源型システムを開発

@Press / 2013年10月31日 10時0分

利用イメージ
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本 眞、略称:DENGYO)はこの度、長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)」を工事業界初のリアルタイム無線伝送システムとして展開していきます。

 本製品は、業界トップレベルの低消費電力特性を活かして小型化を達成した自立電源一体型の長距離無線LANシステムであり、簡単な設置のみで建設工事現場のIPシステム対応が実現できるようになりました。
 今回は、工事現場におけるカメラ監視や無線Wi-Fiエリア化への対応を実証するため、長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)」によるマルチメディア無線伝送実証実験を実施しました。

長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)」
http://www.den-gyo.com/solution/solution03.html


【背景】
 従来、工事現場での監視は静止画での伝送が一般的でFOMAやWiMAXなどの公衆回線の利用が多く通話料が負担になっていました。また、従来の監視方式の静止画では細切れの画像で動きが見えず詳細を把握することが困難でした。一方、大規模な工事現場ではIT化が進み、タブレットを使った設計図面の確認や日程表の確認を行うためネット環境の充実化が必要となっています。

【製品の概要】
 長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)2.4G/4.9G」を利用した自営回線により、通信回線のない工事現場でも監視カメラの映像を伝送して工事の進捗状況や安全管理をリアルタイムで確認することができます。また、IP方式のためランニングコスト不要でWi-Fiエリア化が実現でき、様々なマルチメディアサービスに対応します。
4.9Gタイプを利用した場合には最大18kmの長距離伝送が可能なため、橋梁工事などの広域現場監視にも最適です。

≪利用イメージ≫
http://www.atpress.ne.jp/releases/40044/1_1.png


【製品の特長】
<1>業界トップレベルの低消費電力特性
 消費力値は、2.4G:2.5W/4.9G:3.5Wと業界トップレベルの低消費電力特性であり、太陽電池パネルはW350mm×H34mm×D535mm(※1)と小型で不日照連続運用が可能です。※1 取付金具含まず

<2>自営回線方式により無線回線使用料不要
 無線伝送方式はWi-Fi接続規格IEEE802.11j/gを採用しています。
図.従来無線方式との比較
http://www.atpress.ne.jp/releases/40044/2_2.png

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング