ワイン酒場Bistro 2538(にこみや)、門前仲町店12月4日オープン!進化した名物「国産牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」を500円で提供

@Press / 2013年11月15日 9時30分

名物 国産牛ホホ肉の赤ワイン煮込み
北千住を中心に飲食店を経営する株式会社シーセカンド(所在地:東京都足立区、代表取締役:佐賀 久芳)は、ご好評いただいております「ワイン酒場Bistro 2538(にこみや)」の3号店を2013年12月4日(水)門前仲町にオープン致します。


【「2538」について】
当店は、「フランス料理をもっと身近に感じられるお店をつくりたい」という想いから始まりました。日本の居酒屋でも馴染み深い「煮込み」に焦点を当て、“焼酎と牛すじ煮込み”の感覚で“ワインと赤ワイン煮込み”を楽しむような、新しいフレンチ文化の創造を目指しています。
ワインをボトル1,900円~とリーズナブルに揃えている他、20種類のサングリアやフレンチハイボールなど、ワインが飲めない人でも酒場感覚で楽しめるお店になっています。さらに、前菜は280円からご用意しており、気軽にどなたでも入りやすいお店です。


【「2538」の特徴】
(1) 赤ワイン煮込み日本一を目指して
1号店オープン当初からの名物料理「牛バラ肉のワイン煮」は、月間300食以上が出ており、注文率65%以上を誇っています。これをさらに進化させるべく、素材への追求を徹底し、何度も試作を重ねました。その結果、肉を国産牛ホホ肉に変更し、それを一個500円で販売するという現在の形が生まれました。

(2) 高級食材だけに囚われない日常のフランス料理
オムレツやキッシュ、グラタンなど、素朴で温かい日常のフランス料理をはじめ、豚耳のガレットなど日本ではあまり馴染みのない、だけど美味しいフランス料理を多数ご用意。「非日常の高級フランス料理」ではなく、もっと身近なフランス料理をお楽しみいただけます。

(3) ワインはボトル1,900円~、グラス450円~
ワインを気軽に楽しんでもらえるよう、コストパフォーマンスの高いワインを揃えています。フランス産を中心にボトルは1,900円~、グラスは450円~と気軽に味わっていただけます。

(4) ワイン以外も楽しめる20種類のサングリアやミモザ
ワイン以外のオリジナルドリンクも多く取り揃えています。ホッピー感覚で“ナカ”と“ソト”を注文できる「20種類のサングリア」、フランスのリキュールを使用した「フレンチハイボール」、さらには名物の樽生スパークリングを使用した「20種類のミモザ」など、1号店・2号店でもご好評いただいているメニューをご提供いたします。

(5) 女性にも嬉しい!香川の契約農家からの直送野菜
「2538」では、契約農家から直送された野菜を使用しています。生産者である香川県の「コスモファーム」は、継続・管理が難しい「少量多品目」という目標を掲げ、年間200種類以上の野菜を生産する農家です。また、代表の中村氏は農業一筋35年、日本におけるフルーツトマト第一人者で、とても研究熱心でもあります。


【店舗情報】
店名  :ワイン酒場Bistro 2538 門前仲町店
     (ビストロ ニコミヤ モンゼンナカチョウテン)
所在地 :東京都江東区富岡1-13-1
     門前仲町駅A1出口より徒歩1分
Tel   :03-3630-5775
営業時間:17:00~23:30(予定)
席数  :30席(予定)

<メニュー>
■フード(一例)
国産牛ホホ肉の赤ワイン煮込み:500円(1個/60~70g)
野菜のグラタン       :580円
とろとろチーズのオムレツ  :580円
2種のソースの2538風バーニャカウダー:780円

■ドリンク
グラスワイン(赤・白): 450円~ ※常時6種類以上用意
ワインボトル    :1,900円~ ※フランスを中心に40種類以上
20種類のサングリア : 580円
20種類のミモザ   : 580円
フレンチハイボール : 580円


【会社概要】
法人名 : 株式会社シーセカンド
所在地 : 〒120-0034 東京都足立区千住3丁目36
代表者名: 佐賀 久芳
事業内容: 飲食業
URL   : http://www.c-second.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

フランスの味 豚耳のガレット 20種類のミモザ 20種類のサングリア 外観イメージ ※駅から徒歩1分

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング