CBCラジオで放送中の「北野誠のズバリ」、東海3県の居酒屋で実施中の番組外活動『マコ酒RUN』100回記念を開催~「ラジオで町おこし」を実践!北野誠とリスナーの自腹ガチンコ飲み会~

@Press / 2013年12月4日 11時30分

リスナーを前に100回記念の挨拶をする北野誠
CBCラジオ「北野誠のズバリ」(月~金、13:00-16:00)の放送外活動『マコ酒RUN』が12月2日(月)100回目のメモリアルを迎えました。

「北野誠のズバリ」 http://hicbc.com/radio/makozuba/


■『マコ酒RUN』について
『マコ酒RUN』とは、北野誠の番組コンセプト「ラジオで町おこし」を実践したもので、北野誠が毎週月曜日に番組で募集した飲食店でリスナーと自腹でガチンコの飲み会を行うもの。
東海3県の飲食店経営のリスナーが「是非わが店に来て下さい」と応募してきたお店を会場とし、リスナーがそれぞれ自分でお店に予約をいれて集合します。放送で発表されたお店には数分から数十分で予約がいっぱいになり、最近では相当の競争率を勝ち抜いたリスナーが集います。
100回を迎えた『マコ酒RUN』は、名古屋市内のキリンシティで行われ、放送で会場を発表した直後から、「ただ今電話が込み合っています」というアナウンスが流れるほどの大盛況でした。


■記念すべき100回目の『マコ酒RUN』当日の様子
席上、乾杯の音頭に続き参加者から100回記念のデコレーションケーキや花束が贈呈され飲み会がスタート。会場では北野誠があちらこちらへ移動し、50人の参加者全てとコミュニケーションをとり、突っ込み倒しの2時間を過ごしました。

締めの挨拶では、あまりに親しげなリスナーに向かい「お前らオレをなめすぎ!!」と一喝!会場は爆笑に包まれました。また「100回を通過点に、これからもリスナーの皆さんに楽しんでいただけるようにずっとマコ酒RUNを続けていきます」と挨拶。北野の持論『お店も、お客さんも、俺も誰も損しない企画』は100回目も盛況のうちに終了しました。


■『マコ酒RUN』の魅力
『マコ酒RUN』は、お互いの本名も職業も何も知らないまま、ただ北野がつけたあだ名と「北野誠のズバリ」という共通言語のみでつながった仲間が一堂に会し、何の上下関係もなくただ騒いで飲めるのが最大の魅力です。この魅力にはまったリピーターは数知れません。
毎週の『マコ酒RUN』の模様は、翌火曜日の番組オープニングトークで楽しい話題として他のリスナーに還元しています。
マコ酒RUNの模様は番組ブログ http://hicbc.com/radio/makozuba/ で公開中。


■番組詳細
番組名 : 北野誠のズバリ
放送時間: 月~金 13:00~16:00
出演者 : 北野誠、青木まな(月-水)、氏田朋子(木、金)ほか
番組内容: 抱腹絶倒の社会派ラジオ。
      北野誠が痛快トークで世の中を斬りまくります。
URL   : http://hicbc.com/radio/makozuba/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「乾杯!」の様子

@Press

トピックスRSS

ランキング