【2014年版】マイケル・ペイジ・ジャパンの雇用・給与調査~日本国内の採用活動に活発化の兆候~

@Press / 2013年12月11日 11時0分

ロンドンに本社を置くマイケルペイジの日本支社 マイケル・ペイジ・インターナショナル・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区)は、毎年実施している雇用・給与調査の【2014年版】を発表。今回は、755社の企業を対象に2014年の求人動向についての予想に関する調査を行いました。

詳細
http://www.michaelpage.co.jp/ja/ContentArticle/page/8698.html


◆調査結果 (出典:マイケル・ペイジ・ジャパン 給与調査2014年版)
<2014年 日本国内の採用活動に活発化の兆候>
●回答者の85%は、2014年の雇用市場は現在の水準よりも改善する、あるいは現在の水準を維持すると見ています。
●調査をした企業の46%が、2014年を通して専門スキルを有する人材が不足すると予想しています(前年比12%減)。
●調査対象のうち、「全社員を対象に業績に応じた昇給を実施する」と回答した企業は全体の44%、「報酬の一環として賞与を支払う」と答えた企業は89%に上りました。

<調査結果について>
調査を実施した755社の約半数は、「現在の雇用市場は過去12カ月とほぼ同じ水準で推移している」と回答しています。「採用市場はやや改善している」と強気な見方をする企業は全体の21%、「すでに改善している」と回答した企業は18%となっています。

マイケル・ペイジ・ジャパンのマネージング・ディレクターであるバジル・ルルーは、次のように述べています。「世界第3位の経済大国である日本は、あらゆる業界の外資系企業が成長できる機会に溢れていて、それは企業の採用活動にも表れています。特にITの専門職、オンライン・ビジネスのスペシャリスト、そしてリテールスタッフの求人が好調であり、この傾向は2014年に入っても継続すると予想しています」。

雇用市場の堅調な上向き傾向は今後も続くと予想されるなか、調査を実施した企業の46%は「2014年にかけて専門スキルを持つ人材が不足する」と予想しています。特に日英のバイリンガルスキルは、今後も多くの職種で必要となる要件であるにもかかわらず、人材プールの中から探し出すことは非常に難しくなっています。

「日本の雇用市場では、今後も供給不足が続くため、最優秀の人材をめぐる企業間の獲得競争はますます激しさを増しています」とバジル・ルルーは指摘します。
「ITとオンライン・ビジネスの拡大に伴い、専門スキルを持った人材を求めるニーズも高まっています。しかしながら、事業を拡大するために必要な優秀な人材を見つけるのに苦労をしている企業が多いのが現状です」。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング