クラウド型顧客管理「Zoho CRM」、新機能「カスタムタブ」をリリース 企業独自のデータベースも作成可能に!CRMを超えた社内システムへ

@Press / 2013年12月19日 10時30分

例:CRMに新規タブ(不動産)を追加し、物件管理に利用
ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、自社で提供するクラウド型顧客管理システム「Zoho CRM」の新機能、「カスタムタブ」を発表します。また、その他の新機能として「テリトリー管理」「カスタム関数」を追加し、さらに「Web-to-フォーム」機能を強化しました。


■「Zoho CRM」および今回のアップデートの概要
「Zoho CRM」は、月換算で1,440円/ユーザーから始められる低価格なクラウド型顧客管理システムです(初期費用なし)。最安プランでも標準的なCRM機能を取り揃えているため、乗り換えによってライセンス料金を減らすなど、企業のコスト削減施策としても活用されています。反面、「人事管理」や「経費精算」など、CRMの標準機能を超えた、組織的な活用を想定している場合には、シンプルな構造が導入の際のネックとなっていました。しかし、「カスタムタブ」機能の追加によって、企業は独自の業務形態に合わせたデータベースを作成し、「Zoho CRM」の一部として活用できるようになりました。これによって、複数の業務システムを必要とする大企業でも、柔軟に導入できます。

また、CRM内の権限管理(テリトリー管理)や自動化機能(カスタム関数)、さらにWebからのデータ取り込み機能(Web-to-フォーム)も強化しました。

現在、「Zoho CRM」のエンタープライズプランをご利用中の方は、当新機能をご利用いただけます。エンタープライズプランは「Zoho CRM」の全ての機能を完備した最上位プランですが、月換算4,200円/ユーザーにまで価格を抑えて提供しています。その他の料金プランと各機能の対応状況については、料金プラン詳細( http://www.zoho.jp/crm/price/list.html )にてお確かめいただけます。

※改善されたWeb-to-フォームの編集画面については、無料プランでも利用可能

「Zoho CRM」サービスサイト: http://www.zoho.jp/crm/
サービスについてのお問い合わせ: http://www.zoho.jp/crm-contact/inquiry.html


■各新機能の詳細
【カスタムタブ】
ユーザーは、開発用ツールを使うことなく、「Zoho CRM」の画面から独自のデータベースを作成できます。営業、マーケティング、顧客サポートなど、「Zoho CRM」に搭載された標準機能に加え、各企業の業務に合わせた独自のシステムが、そのまま「Zoho CRM」の一部として利用できます。また、新しく追加した「カスタムタブ」のデータは、CRM内のその他のデータと関連付けができ、エクスポートやインポートも自由に行える他、レポートやダッシュボードも作成できます。さらに、「Zoho CRM」の業務自動化機能(ワークフロー)にも対応しているため、「特定の項目を更新した時に関係者に通知メールを送る」などの細かい設定が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング