毎年恒例のフォトブックのコンテスト『Photoback Award 2013』 「わたしの“とっておき”」をテーマに入賞作品14点を発表!

@Press / 2014年1月22日 15時30分

入賞作品イメージ
コンテンツワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荻野 明彦)は、当社が運営するフォトブック作成サービス「Photoback(フォトバック)」( http://www.photoback.jp/ )で開催したフォトブックのコンテスト『Photoback Award 2013』にて、このたび応募作品592点の中から、入賞作品14点を選出いたしました。


■『Photoback Award 2013』( http://www.photoback.jp/Contest/Information )について
今回で5回目となる『Photoback Award』は、デジタルカメラの普及などにともない、新たな自己表現としてフォトブックが普及する中、いままで発表の場がなかった個人の才能を発掘し、フォトブックの新たな可能性を広げることを目的として、一年に一回開催しています。

『Photoback Award 2013』は、「わたしの“とっておき”」をテーマとして、2013年10月16日(水)~11月28日(木)の期間にご応募いただいた592点もの作品の中から、厳正な審査により、ノミネート作品として40点を選出。このたび入賞作品として、最優秀賞1点、審査員賞4点、特別賞9点の全14点を選出いたしました。


■「入賞作品」について
最優秀賞に選出された「母のまなざし」は、お母さんのアルバムに綴じられた自分たちの写真を本というカタチで“リ・アルバム”した一冊です。懐かしい写真に添えられた michiさんの感謝の気持ちに溢れる言葉の数々、昔のアルバムを本というカタチで今に再現したアイデアの素晴らしさが高く評価されての受賞となりました。

審査員は、写真家の浅田政志氏、文筆家の甲斐みのり氏、エッセイストの柳沢小実氏、編集者の山村光春氏の4名にご担当いただきました。

さらに、「カメラピープル」様、「カメラ日和」様、「写ガール」様、「プチ・ホームページサービス」様、「EINSTEIN STUDIO」様、「Lomography Japan」様、「mammoth school」様、「PHaT PHOTO」様、「Re:S」様のご協賛をいただき、特別賞9点を選出いたしました。

入賞者には、最大10万円相当の副賞が贈られます。また、入賞作品およびノミネート作品は、本日2014年1月22日(水)から、東京・神保町にある「Photoback LiBRARY」にて展示される他、この春にかけて全国各地で展示される予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング