太陽光発電系の発電電圧を携帯電話で24時間チェック!ソーラー連携リチウムイオン蓄電装置の予防保全に対応したかんたんM2Mシステムを開発

@Press / 2014年2月27日 10時30分

Muセンサ システム構成
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本 眞)は、フレキシブルなセンサシステム「Muセンサ」を利用した、機器や装置の異常をチェックし、システムダウンを事前に予防保全する「機器予防保全システム」を開発しました。

 この度、当社坂戸事業所内に設置されている自立式無線伝送システムのソーラー連携リチウムイオン蓄電装置の予防保全のため、太陽光パネルの発電電圧の監視、装置障害およびバッテリー交換時期を携帯電話に通知する接点出力の監視を大手家電メーカー協力のもとで行いました。

フレキシブルなセンサシステムMuセンサ「機器予防保全システム」
http://www.den-gyo.com/solution/solution10_a_c_c.html


【製品概要】
 柔軟なインターフェースが特長のMuセンサ(※)を各種設備機器や装置に接続し、機器から出力される異常信号(接点出力情報)の検出、および電源電圧などのアナログ信号をモニタリングし、設定した閾値に異変があった際に、管理者の携帯電話にSMS(ショートメッセージサービス)でお知らせするシステム。
 通信はFOMA回線を利用するので、新たなネットワークの構築が不要で簡単に監視システムを構築でき、既存の機器に後付で取り付けられるのが最大のメリットです。設置もセンサと機器をつなぐだけと大がかりな設備が不要で、設定に必要なのは携帯電話のみと簡単に導入できるので、これまで監視できなかった機器や装置のチェックが可能となります。
http://www.atpress.ne.jp/releases/43656/img_43656_1.png

※「Muセンサ」とは
無線機、センサ、マイコンを搭載したセンサネットワークモジュールです。1台のモジュールに最大3台までのセンサを搭載可能で、温湿度、人感、照度、加速度などお客様のニーズに合わせて組合せられます。
http://www.den-gyo.com/solution/solution10_a_d.html (動画)


▼Muセンサが選ばれる3つの理由
(1) 簡単に遠隔監視が実現できる!
 遠方で発生した機器異常を把握するためには、監視ネットワークを構築しなければなりませんが、MuセンサはFOMA回線を利用するので、ネットワークの敷設工事がいらず、簡単に遠隔監視システムを構築できます。お知らせはSMSを利用するので、ランニングコストも通信費のみで運用が可能。少額の費用で手軽に導入できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング