デリケートゾーンの悩みを持つ女性は92%、その対処も様々 「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査 2014年2月実施

@Press / 2014年3月6日 11時0分

お手入れのイメージ
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供していますが、この度「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査を行い、その一部をご報告します。

お手入れのイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/43791/img_43791_1.jpg


《意識調査のまとめ》
◆「デリケートゾーンのケア」に関心があると94.7%の方が回答。
◆「デリケートゾーンに関して、悩みがあったり気になったことがある」と92%の方が回答。
◆「デリケートゾーンの悩み等を、周りに相談したことがある」と21%の方が回答。


■意識調査の背景
近年、有職女性の増加やライフスタイルの変化で女性が活動的になり、外出する機会が増えた方が多くいらっしゃいます。外で過ごす時間が増えることで、長時間トイレに行けない状況に陥ることもあります。また、身だしなみの一つとして、「デリケートゾーン」のケアがありますが、日常的にトイレに長時間行けないことに加え、これからの春夏の季節は、気温や湿気の上昇に伴い「デリケートゾーン」に関する悩みを持つ方が増えてきます。しかしながら、「デリケートゾーン」について周りの方に相談しづらいのが現状です。
当社において、女性の快適を科学し自由を創造する理念のもと、女性のポジティブな活動を商品やサービスを通じてサポートしていますが、この度「デリケートゾーンのケア」に関するアンケート調査を行いました。今回は、その一部をご報告します。


■調査概要
調査対象:ユニ・チャーム ホームページ会員
回答者数:13,989名
対象年齢:10代~40代の女性
調査期間:2014年1月29日~2014年2月10日
調査方法:WEB上のアンケート調査


■調査結果
(1)デリケートゾーンのケアについて、「関心がある」もしくは「使用したことや実施」したことがありますか?
http://www.atpress.ne.jp/releases/43791/img_43791_2.jpg


(2)これまでに、デリケートゾーンについて、悩んだことや気になったことはありますか?
http://www.atpress.ne.jp/releases/43791/img_43791_3.jpg


(3)デリケートゾーンについて、どのようなことが気になりましたか?あてはまるものを全てお選びください。((2)で「ある」回答した方へ質問 複数回答)
http://www.atpress.ne.jp/releases/43791/img_43791_4.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング