~妻の携帯電話の使い方実態調査~スマートフォンユーザーが6割超!スマホを持つ妻の2人に1人がゲーム、ネットショッピングに利用

@Press / 2014年4月9日 10時15分

図1:持っている携帯電話の種類について(n=884)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)では、30代~40代の主婦を中心とする当社サービス登録の会員を対象に「携帯電話の使用方法」についてのアンケートを2014年3月18日~3月24日に実施しました。

有効回答者数は1,102名、そのうち携帯電話を持っている既婚女性884名(平均年齢44歳)を対象に、携帯電話の使用方法を分析しましたので、その結果を報告します。

【調査結果】
(1)持っている携帯電話の種類について

http://www.atpress.ne.jp/releases/45254/img_45254_1.jpg
図1:持っている携帯電話の種類について(n=884)

既婚女性の方に「持っている携帯電話の種類」について確認したところ、全体ではスマートフォンが63.1%、フィーチャーフォンが36.9%となり、スマートフォンユーザーのほうが多いことがわかりました。

世代別では、年齢が上がるに連れフィーチャーフォンの割合が高くなる傾向が見られましたが、60代以上でも4割弱の方がスマートフォンを保有しており、年齢を問わずスマートフォンが浸透してきていることがうかがえました。

(2)携帯電話の使い方について

http://www.atpress.ne.jp/releases/45254/img_45254_2.jpg
図2:携帯電話でよく行うことについて(スマートフォン使用者n=558、フィーチャーフォン使用者n=326)

携帯電話でよく行うことについて聞いたところ、スマートフォンユーザー、フィーチャーフォンユーザーともに「電話」、「メール・メッセージの送信」が90%以上となりました。

また、スマートフォンユーザーは、「調べ物をする」が87,5%、「写真・動画を撮る」が81.4%で、どちらもフィーチャーフォンユーザーの24.5%(調べ物)、42.9%(写真・動画を撮る)を大きく上回る結果となりました。

さらに、「ニュースを見る」、「ゲームをする」、「音楽を聞く」、「動画を見る」、「ネットショッピング」などの項目については、フィーチャーフォンユーザーはほとんど利用していない一方で、スマートフォンユーザーは「ゲーム」が53.8%、「ニュースを見る」が51.4%、「ネットショッピング」が49.5%と約2人に1人が楽しんでいることがわかりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング