Adobe RGB色域を99%カバーするグラフィックス市場向け24.1型モニター、2モデル発売

@Press / 2014年4月17日 15時30分

ColorEdge CG247
1.概要
EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、24.1型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ) CG247」および「ColorEdge CX241」を2014年4月24日に発売します。価格はいずれもオープン価格です(※1)。

ColorEdge CG247とCX241はそれぞれ従来機種CG246、CX240の後継です。性能が向上した点として、両機種ともAdobe RGBカバー率99%のIPSパネルを採用し、広色域データの忠実な再現が可能です。また、従来機種では1920×1080解像度までに限られていたHDMI入力時も含め、3系統全ての入力端子で1920×1200表示に対応しています。さらに、広色域LEDバックライトを採用することで、消費電力を抑えており、冷却用のファンを使わない内部設計を実現しています。ColorEdge CG247(以下CG247)での標準消費電力はわずか32W、従来機種に比べ22%削減しています。

CG247は、ワークフローで厳密な色の管理と運用が求められる、映像制作市場、プロフェッショナルフォト、プリプレスをターゲットにしており、キャリブレーション(※2)を行えるセンサーを内蔵しています。ColorEdge CX241(以下CX241)は、デザインやデジタルフォト、研究開発など、正確な色の表示が求められる市場をターゲットにしており、キャリブレーションした調整結果やプリセットのカラーモードを再調整できる「コレクションセンサー」を内蔵しています。

従来機種同様に、滑らかな階調表現、画面の均一表示、すばやい表示安定など、ColorEdgeの優れた基本性能を搭載。CG247は映像制作に特化した機能を付加し、CX241は用途に合わせて選べる3つのモデルを用意しています。対応したColorEdge専用の調整ソフトウェア(ColorNavigator 6、ColorNavigator NX、ColorNavigator Elements)を使って、正確で適切な画面表示に調整でき、それを保つための再調整を自動実施します。

また、デスクライト「Z-80pro-EIZO」も、2014年5月27日に発売します。印刷物の評価に適した標準光源5000Kを採用した、Ra(※3)97の高演色LEDスタンド(山田照明株式会社と共同開発製品)で、印刷物を見る際に、カラーマッチングに適切な環境を提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング