トランスフォームする高機能iPhoneスタンド「ピタゴラスタンド」発売 クレジットカードサイズの薄型ボディが3ステップで早変わり!

@Press / 2014年4月24日 11時0分

クレジットカードサイズの薄型ボディが変身
スマートライフ研究所は、米国 ジオメトリカル社と提携し、クレジットカードサイズの高機能iPhoneスタンド「ピタゴラスタンド」の日本での販売を実現しました。4月28日(月)より専用サイトにて発売いたします。4月23日(水)~27日(日)の間に同サイト内にて先行予約を受け付けます

「ピタゴラスタンド」専用サイト
http://www.pitagorastand.com/

現在は、AppBankStoreにて先行販売しております。期間は4月27日(日)まで。
http://www.appbankstore.jp/products/detail.php?product_id=10173


【開発背景】
ピタゴラスタンドの開発者ランボッド・ラッドマード(現ジオメトリカル社創設者兼チーフデザイナー)は、かつて航空会社のプライベートジェット・機内デザイナーを務めていました。機能的で便利なものが大好きなラッドマードは、既存のiPhoneスタンドに、丈夫で機能的、珍しくかつ携帯性の高いものがないことに気づいたのです。

2011年にピタゴラスタンドのアイデアを思いつき、限界とも思えるサイズでの実現のために2年の歳月を費やし、ようやく満足の行く品質にこぎつけることができました。その後、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で資金集めを始めました。すると、「Kickstarter」にて公開したプロジェクトページを見たApple社の共同創業設立者スティーブ・ウォズニアックがピタゴラスタンドのデザインに感銘を受け「このような商品を、もしも自分が考え付いていたら…」と大手情報系サイト『Gizmodo』に書き込んだところ、瞬く間に目標額の2倍以上の資金が集まりました。


【製品特長】
<幾何学的ヒラメキが生み出した芸術的からくり>
ピタゴラスタンドは、折りたたむとクレジットカードと同じサイズになり、お財布に本物のカードと並べてスマートに収納することができます。しかし、取り出してたった3ステップ加えるだけでまるで手品の実演のように高機能iPhoneスタンドに早変わりします。
クラウドファンディングの出資者達からも、その斬新なアイデアとデザインに
感嘆の声があがり、資金調達を加速させました。小さい頃、“変身メカ”を組み立てた時に味わったようなあのワクワクする感覚がよみがえります。

できあがったスタンドは、縦横どちら向きでもどんな方向にでも、セットしたiPhoneをしっかりホールド。精密な設計により実現した回転式スライダーが、iPhoneをあらゆる角度にセッティングすることを可能にしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング