BSIジャパン(英国規格協会)が、経験豊富な現役審査員によるISO/TS 16949 コアツール・内部監査員コースを含む6つのセミナーを開催

@Press / 2014年4月23日 11時0分

 BSIグループジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、自動車産業規格(ISO/TS 16949)に関する次の6つのトレーニングコースを開催することを発表しました。

● ISO/TS 16949 規格解釈セミナー
● ISO/TS 16949 入門コース(APA)
● ISO/TS 16949 コアツール FMEA解説コース
● ISO/TS 16949 コアツール SPC解説コース
● ISO/TS 16949 コアツール MSA解説コース
● ISO/TS 16949 内部監査員養成コース

 ISO/TS 16949は、品質パフォーマンスと経営効率の向上を目的とした品質マネジメントシステム(ISO 9001)をベースとして、自動車産業界のセクター規格である米国のQS-9000、ドイツのVDA、フランスのEAQF、及びイタリアのAVSQを一本化することを目指して開発された規格です。

 BSIジャパンは、世界で有数の実績を持つISO/TS 16949の認証機関として、自動車業界においてトータルソリューションをご提供するために、ISO/TS 16949に関するトレーニングコースを6つ開催いたします。

 これからISO/TS 16949の構築・運用を目指される方が、基本的な知識・スキルを身につけることができるコースから、すでにISO/TS 16949を運用されていてより有効に活用されたい方まで、幅広い方をカバーできるトレーニングコースのラインナップを揃えています。

 これらのトレーニングコースの講師は経験豊富な現役のBSIジャパンの審査員ですので、ISO/TS 16949や5コアツールの学習にとどまらず、日頃抱えていらっしゃる課題・疑問を解決する機会としてもご活用いただけます。


●ISO/TS 16949関連トレーニングコース一覧
コース名:ISO/TS 16949 規格解釈セミナー
受講料 :30,000円(税抜/人)
実施日 :6月4日
期間  :1日間
会場  :BSIジャパン東京本社(外苑前)

コース名:ISO/TS 16949 入門コース(APA)
受講料 :30,000円(税抜/人)
実施日 :6月17日
期間  :1日間
会場  :BSIジャパン東京本社(外苑前)

コース名:ISO/TS 16949 コアツール FMEA解説コース
受講料 :30,000円(税抜/人)
実施日 :7月14日
期間  :1日間
会場  :BSIジャパン東京本社(外苑前)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング