食中毒が気になる季節!衛生管理のプロが、これからの時期に役立つ「食中毒予防のポイント」を実演!『キッチン・食卓まわりの衛生管理も学べる料理教室』

@Press / 2014年5月23日 13時0分

講義風景1
 アルコール除菌 ラボ@キッチン&食卓(事務局:東京都渋谷区)は、2014年5月15日(木)、Harajuku Kitchen Studio(所在地:東京都渋谷区)にて、本格的な梅雨・夏の前に、家庭内で出来る除菌・衛生管理術を身につけるべく、『キッチン・食卓まわりの衛生管理も学べる料理教室』を開催しましたのでご報告いたします。

 本料理教室では、衛生管理基準「HACCP」のコーディネーターで栄養士でもある若宮 寿子先生をお招きし、実際に料理をしながら、厚生労働省が推奨する「食中毒予防の6つのポイント」と利便性の高いアルコール除菌の活用法についてわかりやすく紹介いたしました。また、菌の専門家である衛生微生物研究センター所長の李 憲俊先生もお招きし、台ふきんで水拭きした後の食卓に食品を落とした際に、雑菌がどの程度食品に付着するのかを調べた、いわゆる“3秒ルール”の実験結果や除菌方法についてわかりやすく解説していただきました。

 受講生の方々にはキッチンまわりの衛生管理のポイントや雑菌の実態についてしっかりと学んでいただき、盛会に終わりました。


【『キッチンまわりの衛生管理も学べる料理教室』の概要】
■講義:食中毒予防の3原則と家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
    講師 若宮 寿子先生
●講義内容
<食中毒予防するための原則、菌を“つけない”・“増やさない”・“やっつける”の3原則>
◆“下準備”および“調理”が重要ポイント。以下に特に注意すべき点を解説。
 ・調理器具は高濃度のアルコール除菌剤を使って除菌すると効果的であること
 ・肉・魚・野菜などの食材は、目安として中心部の温度が75℃で1分以上加熱すること
 ・調理で使用したまな板や台ふきんなどの調理器具は洗剤で洗浄後、乾燥させること

<家庭でできる食中毒予防は、“買い物”“家庭での保存”“下準備”“調理”“食事”“残った食品”の6つがポイント>
◆特に重要となる“下準備”および“調理”では、以下のポイントを解説。
 ・生の肉や魚、生卵などを使用した後の調理台は、高濃度のアルコール除菌剤でアルコール除菌拭きをしてから使用すること
 ・まな板や包丁などの調理器具は使った後すぐに洗浄・乾燥後、高濃度のアルコール除菌剤や熱湯などにより除菌すると効果的であること
 ・肉や魚などの汁が、野菜などの生で食べる物や調理の済んだ食品にかからないこと
 ・凍結している食品を調理台に放置して解凍するのはやめ、冷蔵庫の中や電子レンジで行うこと
 ・凍結している食品は料理に使う分だけ解凍し、解凍が終わったらすぐに調理すること

@Press

トピックスRSS

ランキング