ボードコンピュータ製品の開発・製造をする独Kontron社が、アジア太平洋地域での事業拡大のため、日本法人設立

@Press / 2014年7月15日 9時30分

ECT(Embedded Computing Technology)企業としてグローバルに事業を展開するKontron AG(本社:ドイツ・ミュンヘン)は、7月14日、日本法人であるKontron Japanを東京都渋谷区に設立しました。
ゼネラルマネージャーには世界的なIT企業で長年役員を務めてきた林 曉(はやし さとる)が就任いたしました。

Kontronは、いわゆる組込みコンピュータ(ECT:Embedded Computer Technology)と言われる産業機器の制御などに用いられるボードコンピュータ製品の開発・製造企業です。ドイツを本拠に、世界15ヶ国に拠点をもち、日本は16ヶ国目の拠点となります。
日本市場で成功するためには、日本のマーケットを熟知し、有効なセールスチャネルを持つパートナーとの関係強化や、パートナーとその顧客に安心して製品を導入いただくためのサポート体制が不可欠と理解したうえでの再参入となります。

日本市場進出の第一段階として、Kontronがグローバルに主要ビジネスドメインとして位置付けている3つの事業分野、IND(産業)、COM(通信)、ATD(航空・運輸・防衛)に関する海外での開発・納入実績を、日本国内当該市場のキープレイヤー企業に積極的に紹介していくとともに、セールスパートナー企業の開拓に力を入れていきます。

「KontronのIoT(Internet of Things)、SYMKLOUD、IFE(In Flight Entertainment)などの革新的なテクノロジーとソリューションは、ヨーロッパ、北米、新興市場など世界のあらゆるマーケットで導入されてきました。私たちの優れた技術力とサポート力は、日本のお客様の製品開発リードタイムの短縮化と利益率改善に貢献できるものと考えています。」(CEO Rolf Schwirz)

以下、主要3ドメインに関する日本市場への取り組みです。
INDに属する製造オートメーションに関しては、Kontronの本拠・ドイツが主導するIndustrie 4.0(※1)をはじめ、「第4次産業革命」として製造現場に大きなICT投資を喚起しており、ドイツをはじめ各国の製造現場にKontronが納入してきた最新ソリューションは、これから本格化する日本国内での新技術導入検討に大いに貢献できるものとなります。
COMについては、ATCAなどグローバル市場で高い評価を得ている製品についての日本国内での需要は一巡していますが、SDN(※2)、NFV(※3)など、通信制御技術のバーチャル化に関する新技術が注目を集める中、Kontronのキャリア・グレード・サーバー製品がインフラの中核製品となることが期待されます。
ATDでは、KontronのIFEソリューションが、日本の航空各社で高い評価を得られると期待されています。乗客は、機内でそれぞれ所有の機器でインターネットやビデオ観賞を楽しむこと(BYOD)ができます。
KontronのIFE技術を利用することにより、乗客は費用対効果の高いソリューションを楽しむことができ、航空会社は競合他社との差別化できるサービスを提供することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング