南米・ペルー出身のアーティスト ブラウリオ・ボザが北海道・ディマシオ美術館で8月9日に公演

@Press / 2014年8月7日 16時30分

イベントフライヤー
ひとりの画家がキャンバスに描いた作品としては世界最大といわれる、たて9m × よこ27mの油彩画を展示する「太陽の森 ディマシオ美術館」(北海道新冠町)では、2014年8月9日(土)、10日(日)に南米ペルー出身のアーティスト、ブラウリオ・ボザが公演を行います。
公演当日は、ディマシオ美術館の入館料のみで演奏を聴くことができます。
http://www.dimaccio-museum.jp


■ブラウリオ・ボザについて
ブラウリオ・ボザは、南米・ペルー出身のアーティスト。中南米やアンデスの曲を様々な民族楽器で奏でます。現在、日本各地でフォルクローレ(民族音楽)の演奏活動を展開中。「コンドルは飛んでいく」や「ベサメムーチョ」に代表されるポピュラーなフォルクローレから、「昴-すばる-」などの日本の曲まで、幅広い演奏を行っています。

今回の公演では、ブラウリオ・ボザの演奏がたたえる牧歌的な雰囲気とディマシオ美術館の代名詞である「世界最大の油彩画」の幻想的なビジュアルがコラボレーション。中南米やアンデスで歌い継がれるフォルクローレが、ディマシオが創造した“未来における過去のイメージ”という世界観と対比・重なり、独特の空間が展開されます。

<ブラウリオ・ボザ プロフィール>
ペルー(クスコ)出身
中学校の教師をしながら演奏活動を開始。
ヨーロッパで4年間の活動後1997年に初来日。以降日本各地で演奏活動を展開。
2008年にCD「SOL NACIENTE(ソル・ナシエンテ)」を発売。


■公演詳細
日程:2014年8月9日(土)、10日(日)
時間:第一回 11:00~
   第二回 14:00~
   第三回 16:00~
会場:太陽の森 ディマシオ美術館(北海道新冠郡新冠町字太陽204-5)
主催:太陽の森 ディマシオ美術館

このコンサートは入館料のみでお聴きいただけます。
<入館料>
一般    :1,080円
大学・高校生: 860円
障害者手帳をお持ちの方、付添いの方:各 750円
太陽地区在住の方、小中生以下   :無料


■ディマシオ美術館での公演について
ディマシオ美術館では、様々なアーティストを招致して公演を行っています。7月にはフルートとギターのユニット「ホラネロ」が「世界最大の油彩画」の前で公演を行い、立ち見のお客様が出るほどの盛況となりました。
今後もジャンルや国籍を問わずに様々なアーティストを招致し、公演を予定しています。
次回の公演予定はギタリスト門馬由哉。9月20日(土)の公演を予定しています

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング