フランス生まれの高級インナーブランド『ダマール』が日本に再進出 10月初旬、東京・銀座に店舗をオープン

@Press / 2014年8月21日 11時30分

レースが美しいキャミソール
 ミセス層向けのアパレル及び雑貨等を通信販売している株式会社トラストアンドカンパニー(本社:東京都港区、代表取締役:吉木 伸彦)は、フランス生まれの高級インナーブランド『ダマール』を専門に取り扱うショップを、2014年10月初旬、東京・銀座にオープンいたします。この度のショップオープンにより、『ダマール』は日本インナーウェア市場に再進出することになります。

URL: http://www.damart-online.jp/


【『ダマール』について】
 『ダマール』は、1953年にフランスで生まれた高級インナーブランドです。日本でも通販等で販売されていたことがあり、当時はイギリス王室のダイアナ妃にも愛用されている肌着として非常に多くの愛用者を有しておりました。
 しかし日本市場からは2009年にフランス本国の意向で撤退。現在ではフランスを中心にイギリス、ベルギー、スイスにおいて150店超の直営の店舗やカタログ通販によって販売され、ヨーロッパにおいてインナーウェアブランドとして高い認知度を有しているほか、アメリカ、オーストラリア等でも販売されています。
 ダマールの日本再進出にあたり、人気のインナーウェアをグレード別に幅広く取り揃えるほか、パジャマ、ソックス、デイウェア等、多くのアイテムを用意いたします。


【『ダマール』インナーウェアの特長】
(1) 高機能素材「THERMOLACTYL(サーモラクティル)(R)」
 『ダマール』が開発した「THERMOLACTYL(R)」とは、糸の混紡や生地の編立に長年の研究と独自の工夫を凝らして完成した機能素材です。「THERMOLACTYL(R)」は外気の冷たい空気を遮断し、体温で温められた空気をキープします。また、余分な水分を放出するため、内側はムレずにさらさらした着心地です。

あたたかさの構造: http://www.atpress.ne.jp/releases/49794/img_49794_4.jpg

(2) 寒暖の差がある初秋から極寒まで グレード別の幅広いラインナップ
 『ダマール』のインナーウェアシリーズは、秋冬のどのようなシーンでも快適に過ごせるようにするため、寒さに応じた5段階のグレード別に商品を用意しております。たとえば、寒暖の差のある初秋の頃はグレード1、肌寒い初冬にはグレード2、外気が0度前後の真冬にはグレード3、スキー場等ではグレード4、極寒地ではグレード5のものをお奨めしています。

(3) 長年の信頼と実績
 『ダマール』の商品が初めて産声をあげたのは1953年、今から60年以上さかのぼります。ダマールを創業したデパチュール3兄弟は、それから機能性と品質の向上を絶えず継続して繰り返すことで着実に愛用者を増やし続け、50周年にあたる2003年にはヨーロッパでの店舗数は130店舗、愛用者数は1,000万人超を記録。60周年を超えた現在、その数は益々増え続けており、インナーウェアブランドとしての地位を不動のものとしています。


【新店舗概要】
店舗名  : ダマール銀座コア店
所在地  : 〒104-0061 東京都中央区銀座5-8-20 銀座コア3階
定休日  : 不定休(年6日)
営業時間 : 11:00~20:00
中心価格帯: 6,500円~8,500円(税抜)
TEL    : 03-6274-6639(店舗オープンに合わせて開通)
URL    : http://www.damart-online.jp/


【会社概要】
商号  : 株式会社トラストアンドカンパニー
代表者 : 代表取締役 吉木 伸彦
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階
設立  : 2000年12月
事業内容: カタログ、新聞通販およびEコマース
資本金 : 2,600万円
URL   : http://www.trustcompany.co.jp/


【店舗・取扱商品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社トラストアンドカンパニー
Tel:03-3560-7021

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

優しい着心地のTシャツとカルソン ダマール ロゴ あたたかさの構造

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング