日本医療のインド進出をサポート!医療関係者向けコンサルを1月に開始 インド医療のプロと現地医療関係者のノウハウを提供

@Press / 2014年12月15日 14時30分

株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ、所在地:東京都港区、代表取締役:小里 博栄)は、インドで医師免許を取得した日本人医師 松丸 美砂子氏やインドの医療関係者らとスペシャリスト契約を締結し、インド市場に関心を持つ日本の医療関係者(病院、製薬・医薬品、医療機器等)にインドの医療実態や保険制度、邦人医療の課題等の情報を提供し、市場調査、インド医療業界とのネットワーク構築、商品開発等をサポートするメディカルビジネス・コンサルティングサービスを2015年1月に開始いたします。


■サービス提供の背景
インドの医療市場は、経済成長率を上回るペースの成長市場として世界中の注目を集めております。しかし、日本に入ってくるインドの医療事情に関する情報不足と実態把握の難しさから、日本の医療技術、サービス等の普及は遅れています。インドでは、急性下痢症や新生児感染症等の乳幼児疾患や糖尿病等に対する治療薬、医療機器、医療サービスの市場が成長を続けているほか、増加する邦人駐在員とその家族に対する医療やヘルスケアへのニーズも高まりつつあり、日本の医療技術、サービス等の普及拡大の機会も増えております。そこでインドのマニパル大学にて医学を学び、フォルティス病院やアルテミス病院で活躍する日本人医師 松丸 美砂子氏やインドの医療関係者らとともにインド医療の実態や邦人医療の課題と可能性等に関する情報を提供し、日本の医療業界がインドへ進出するための足掛かりづくりと現地での活動をサポートするサービスを開発いたしました。

■サービスの内容
・現地視察のアレンジ
・インドの医療業界、保険制度、病院経営に関する情報の提供
・インド国内の邦人の課題
・インド医療の可能性と課題
・インドの医療機器の可能性と課題
・インドのメディカルツーリズムの実情
・調査、ヒアリング等のアレンジ
・インド向け商品開発のサポート
・医療業界関係者とのネットワーク構築
・プロモーション、マーケティング戦略及びテストマーケティング立案
・現地でのイベント企画、制作
・セミナー等への出演アレンジ
・会員制情報スキーム
  インドの医療事情に関する情報を松丸 美砂子医師らが毎月提供し、
  基本的な質問にお答えする100社限定メールマガジンサービス(月額3万円)


■松丸医師プロフィール
ウェルビー所属 グルガオン在住。
神奈川県横浜市出身。フェリス女学院卒業後、フランス パリ第4大学でフランス文明を専攻。フランスを中心にヨーロッパを周遊する旅行業に携わるなか、海外渡航者、海外駐在者向け医療に関心を持つに至る。
その後、インドのマニパル大学医学部にて医学を学び、医師免許を取得。マニパル大学病院で研修医終了後、タイのチェンマイ大学病院や日本の国際医療センター等で臨床経験を重ね、インドのフォルティス病院、アルテミス病院でインド初の日本人医師として海外渡航者医療に従事する。また、第18回日本渡航医学会学術集会で「インド医療事情」について公演を行った。
専門は、内科総合診療。現在の研究テーマは言葉、文化、食を含む生活環境の変化がもたらす、身体精神への影響と生活習慣疾患の多角的な対処である。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング