ソーリン・グループ、成人用人工肺『インスパイア』を10月1日に販売開始

@Press / 2014年9月30日 10時30分

インスパイア6F
ソーリン・グループの日本法人であるソーリン・グループ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉山 純男)はソーリン・グループ・イタリア社製の成人用人工肺『インスパイア』を10月1日に販売を開始致します。

ソーリン・グループ株式会社: http://www.sorin.co.jp

ソーリン・グループは心臓外科手術に伴って行われる体外循環に関連する製品を多く取り扱っている世界的なリーディング・カンパニーです。世界中で行われている心臓手術の3例のうち2例はソーリン・グループ製品が使われております。


体外式膜型人工肺『インスパイア』は、最大血液流量6L/minと8L/minの2つのサイズをご用意しました。6L/minタイプは日本人の成人患者の体格の約95%をカバーし(自社調査による)、8L/minのタイプはよりパワフルにすべての成人症例をカバーするよう設計されました。それぞれモジュール単体(動脈フィルター無)と動脈フィルター一体型から選択することが可能です。

本年4月に販売開始致しましたリザーバー『インスパイアHVR』のシングルまたはデュアルリザーバーとの組み合わせで人工肺システムとして次の8種類の選択肢からご使用いただけます。

インスパイア6 + シングルリザーバー
インスパイア6 + デュアルリザーバー
インスパイア6F* + シングルリザーバー
インスパイア6F* + デュアルリザーバー
インスパイア8 + シングルリザーバー
インスパイア8 + デュアルリザーバー
インスパイア8F* + シングルリザーバー
インスパイア8F* + デュアルリザーバー

*F:動脈フィルター 一体型


【『インスパイア』人工肺システムの持つ4つの大きな特長】
・日本人の約95%をカバーする(自社調査による)初の6L/minタイプの人工肺
・血液希釈や輸血による患者様への影響を抑制することをめざした低プライミングボリューム
・効果的なエアー・マネジメントをめざしたデザイン
・生体適合性の向上をめざしたフィジオ・コーティングとデュアル・チャンバー・リザーバーのデザイン


ソーリン・グループはインスパイア・ファミリーがこれからの体外循環の安全水準の向上に寄与し、患者の皆様ならびに医療機関の皆様のお役に立てるものと信じています。

販売名     :インスパイア
医療機器承認番号:22600BZI00011000


【人工肺とは】
人工肺とは、心臓や大血管の手術など、心臓の動きを止めて手術を行う場合に、体中の血液から二酸化炭素を除去し、酸素を付加して肺の役割をする医療機器です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング