難民の故郷の味を、学食で提供。売上の一部は難民支援に!好評につき「第2回Meal for Refugees」を開催

@Press / 2014年10月6日 14時0分

まろやかチキンカレー(パキスタンの故郷の味)
 難民の故郷の味が明治大学の学食に再び――。
明治大学和泉キャンパスの食堂「和泉の杜」(東京都杉並区)で、難民の故郷の味を伝える「第2回 Meal for Refugees(M4R)」を、10月13日(月)~17日(金)に開催します。期間中、2つの国の料理を提供。日本で暮らす難民支援のため、一食につき20円を寄付します。

 Meal for Refugeesは、認定NPO法人難民支援協会(JAR)が日本で暮らす難民と共に作ったレシピ本「海を渡った故郷の味」から生まれた社会貢献プロジェクト。
明大での開催は、今年5月下旬~6月中旬に続き2回目となり、昨年、難民映画祭(国連難民高等弁務官駐日事務所主催)にボランティアスタッフとして関わった明大生有志が、難民支援協会の協力を得て実現するものです。今回は、開催期間中に本学も会場となり行われる「第9回難民映画祭」(東京:10月4日・10月11日~19日)と連動することで、より多くの大学生に難民問題に関する啓発活動を行います。

 Meal for Refugees明治大学代表の小川晋平さん(経営学部2年)は「身近な『食』という部分から、日本で暮らす難民について考えるきっかけにしてほしい。継続することに意味があるので、今回限りの活動ではなく、息の長い活動にしていきたい」と話している。

<第2回Meal for Refugees>
■場所:和泉キャンパス「和泉の杜」 
■提供時間:10:30~(数量限定。売切れ次第終了) 
■提供金額:400円
■メニュー:10月13日(月)~15日(水)→まろやかチキンカレー(パキスタンの故郷の味)
       10月16日(木)~17日(金)→ナンとレンズ豆のカレー(ネパールの故郷の味)  


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ナンとレンズ豆のカレー(ネパールの故郷の味)Meal for Refugeesロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング