介護専用型有料老人ホーム「アズハイム町田」11月1日オープン 「ニーズに応じた個別ケア」「医療機関連携強化」「ケア重視の設備・建物」

@Press / 2014年10月31日 18時0分

アズハイム町田 建物外観
株式会社アズパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:植村 健志、以下「アズパートナーズ」)は、首都圏で12棟目の供給となる、介護付有料老人ホーム「アズハイム町田」の運営を2014年11月1日に開始いたします。
アズハイム町田は、東京都が実施する「介護専用型有料老人ホーム施設整備費補助金」を利用した事業となっております。ソフト・ハード面ともに行政の指導や指針のもと、整備を重ねながら完成を迎えたホームであり、医療依存度の高い方、リハビリニーズの高い方、認知症がありご自宅での生活が困難な方など、多種多様なお客様の状況や、ニーズに応えることができる充実のケア体制が整備されたホームとなっております。

アズハイム町田 建物外観
http://www.atpress.ne.jp/releases/53010/img_53010_1.jpg


■物件概要
名称  :アズハイム町田
所在地 :東京都町田市根岸町1009-7
交通  :JR横浜線「淵野辺」駅
     ・神奈川中央バス29・65系統利用 5分
      「桜美林学園前」バス停、下車徒歩1分
     小田急線・JR横浜線「町田」駅
     ・神奈川中央バス29・30・39・60系統利用 19分
      「忠生都営住宅前」バス停、下車徒歩3分
延床面積:2397.98平方メートル
構造  :鉄筋コンクリート造/4階建て
事業所 :介護付有料老人ホーム
居室数 :60室
定員数 :60名
開設日 :2014年11月1日
運営会社:株式会社アズパートナーズ


■整備されたケア体制 ソフト・ハード面
【ソフト面】
(1) ニーズに応じた個別ケアの実現
医療対応、認知症対応、リハビリ対応を、その方の状態に合わせて、ご入居者、ご家族のニーズをお伺いしたうえで、専門知識をもった機関との連携を通じ、個別のケアを行っていきます。また重度の要介護者・医療依存度の高い方を受け入れることができる体制を整備して、他ホームで生活が困難な方の受け入れ先としても機能できるようにしていきます。

(2) 地域医療機関との連携強化
協力医療機関として、3つの地域医療機関(訪問診療医:島津メディカルクリニック、後方支援病院:多摩丘陵病院、古川病院)と提携を結び連携を強化しました。充実の医療ネットワークで入居者をサポートします。

(3) 理学療法士(PT)によるリハビリを採用
身体機能の維持向上を目的とし、専門資格をもった機能訓練指導員を配置(PT:理学療法士)し、科学的根拠に基づいた個別のリハビリサービスを提供します。器具を使用した訓練の他、日常動作を通してのリハビリを実施し、身体機能の低下を抑え、快適に過ごしていただけるようにサポートします。

@Press

トピックスRSS

ランキング