『HOME'S』、バーチャル内覧アプリケーション「Room VR」テスト導入開始

@Press / 2014年11月6日 15時15分

Room VR利用イメージ
総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このほど、CGで作り出した仮想空間をまるでその場にいるかのように体感できる、バーチャル内覧アプリケーション「Room VR」のテスト導入を開始しました。三菱地所レジデンス株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:小野 真路)が2015年1月に販売開始を予定している「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」のモデルルームにて、2014年11月22日より体験して頂けます。

■バーチャル内覧アプリケーション「Room VR」概要
「Room VR」は、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」向けのアプリケーションとして、2014年2月にデモ版を公開しました。「Oculus Rift」の特性を活かし、バーチャル内覧に特化した機能を独自に開発。人間の視野角とほぼ同じ110°という広い視野と、首の動きに遅延なく追随するセンサを搭載した圧倒的な没入感で、CGで作り出した仮想空間をまるでその場にいるかのように体感できます。完成前には内覧ができない分譲マンションや分譲一戸建て等のバーチャル内覧を体験して頂くことで、納得の住まい選びをサポートします。

<「Room VR」の主要機能>
「Oculus Rift」を着用し本アプリケーションを使用すると、目の前にはCGで忠実に再現した3Dの仮想空間が広がります。ユーザーは以下のような操作が可能で、完成前や遠方の物件についてリアルにイメージすることができます。
・空間内を自由に歩き回る
・目線の高さを変更する
・所在階を変更し、窓からの眺望を確認する
・空を朝、夕、夜と切り替え、日照をシミュレーションする
・家具やインテリアの設置、照明のオンオフ等、部屋のイメージをシミュレーションする
・空間内にある家具等を移動させ、搬入時のシミュレーションをする
※上記は主要機能であり、「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」のモデルルームで体験頂ける「Room VR」とは仕様が異なります

■「Room VR」テスト導入開始の背景と今後の展望
「Room VR」は、新たな住まい探しの形を探求する社内の技術研究・開発部門リッテルラボラトリーユニットが、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」向けのアプリケーションとして、2014年2月にデモ版を公開しました。今回、テスト導入第1号として、三菱地所レジデンス株式会社の「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」のモデルルームにて、一般の方にも「Room VR」による建物内共用部での風景等をバーチャル内覧して頂けるようになりました。今後、完成前、遠方の物件等で、「Room VR」を広くご活用頂けるよう、商品としての実用化を目指していきます。
弊社は、今後もすべての方が自分らしい住まいに出会えるよう、技術の力でもっとわくわくする住まい探し、その後の暮らしをもっと豊かにする新たな仕組みを探求していきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング