原子模型が動き出すアプリ「原子ウォッチ」を配信開始 ~ARで原子を1億倍の大きさで実感!~

@Press / 2014年12月3日 13時0分

メニュー画面
ルネサンス・アカデミー株式会社(本社:茨城県大子町、代表取締役社長:桃井 隆良)は、AR(Augmented Reality:拡張現実)技術を用いて開発した、原子のことを楽しく理解できるアプリ「原子ウォッチ」を本日2014年12月3日より配信開始しました。AR技術とは現実の風景や物体に付加情報等を表示するもので、「原子ウォッチ」はアプリを起動させたスマートフォンやタブレットを特定の対象にかざすと、カメラから見える画像の中にアニメーションや3DCGで表現された原子模型や立体周期表が浮かび上がり、分かりやすく学ぶことができます。
「原子ウォッチ」はApp Store、Google Playにて無料で配信しています。また、今後英語版の配信も予定しています。

<アプリ画面イメージ>
メニュー画面
http://www.atpress.ne.jp/releases/54568/img_54568_1.png

カメラをかざすと3DCGで原子模型が浮かび上がる
http://www.atpress.ne.jp/releases/54568/img_54568_2.png

立体周期表を見たい角度に操作することができる
http://www.atpress.ne.jp/releases/54568/img_54568_3.png


■「原子ウォッチ」アプリ概要
配信場所:
App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/id940967362?mt=8
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.r.ac.atomwatch&hl=ja

対応バージョン:スマートフォン/タブレット
        (iOS 6以降、Android OS 4.0以降)
カテゴリー  :教育
価格     :無料

基となった書籍
http://www.atpress.ne.jp/releases/54568/img_54568_4.jpg

独創的な立体周期表
http://www.atpress.ne.jp/releases/54568/img_54568_5.jpg


「原子ウォッチ」は板倉 聖宣氏の書籍『原子とつきあう本』(1985年 仮説社)を基に作られています。この書籍は、原子の重さ・大きさ・性質・単体の融点・発見年代のデータから名前の語源や記号の覚え方等までを、楽しくわかりやすく学べる内容となっています。「原子ウォッチ」ではこの内容に加え、原子の動きをアニメーションで見たり、実際の原子の1億倍の大きさを実感することができるので、よりわかりやすくなっています。
また、この書籍では独創的な立体周期表が考案されていますが、「原子ウォッチ」では3DCGでこの立体周期表を表示することができます。様々な角度から見たり、原子の性質等により色を変えて表示したりすることもできるので、より視覚的に理解しやすく、手軽に学習できるアプリとなっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング