カナダ・オンタリオ州政府、最先端の次世代送電網プロジェクトへ2,400万カナダドル(約25億800万円)を支援

@Press / 2014年12月5日 9時30分

カナダ・オンタリオ州は、このたび、より高度なスマート・グリッド(次世代送電網)を構築するため、スマート・グリッド基金(Smart Grid Fund)*1を通じて、さらに17件の新規エネルギー・プロジェクトを支援すると発表しました。

同州政府は、最先端の電力システムの開発を支えるこれらのプロジェクトに約2,400万カナダドル(約25億800万円)の資金を提供し、350人以上の雇用の創出を見込んでいます。これによって、同州のこれまでの電力部門への支援総額は5,400万カナダドル(約56億4,300万円)になります。

今回の投資は、以下の新規エネルギー技術の開発を支援します。

・ エネルギー貯蔵: エネルギー貯蔵システムを設置し、必要に応じて電力を供給できるように送電網の信頼性や安定性を高めます
・ 電気自動車の統合: 利用者および電力供給者が電気自動車の導入に伴う充電など電力システムの課題を解決し、利用環境の改善を支援します
・ 「ビハインド・ザ・メーター(Behind the Meter)」: ビハインド・ザ・メーターという端末を設置し、電力使用状況の予測や電気代の上下変動に基づいて充電と放電を調整することで、消費者と電力供給者の情報交換を可能にし、送電システムおよびコスト管理の効率化を図ります
・ マイクログリッド(小規模発電網): 主要な電力供給網に依存しない小規模系統の発電やエネルギー貯蔵、負荷をサポートします
・ グリッド・オートメーション: 革新的なソフトウェアやハードウェアを使用して、システム・オペレーター(電力管理会社)が電力供給網の遠隔操作や管理を可能にします
・ データ分析: スマート・メーターなどで集められたデータを新しい方法で分析し、投資の判断材料やシステム性能の向上に役立てます


一方、同基金を通じて支援された早期のプロジェクトの成果が見え始めています。オンタリオ州ウィンザー市を拠点とするエセックス・エネルギー社(Essex Energy Corporation)*2は、スマート・グリッド基金の支援で自社が開発したスマートマップ(SmartMAP)というソフトウェアを商品化しました。中規模の電力供給者はスマートマップを使って、スマート・メーターから収集した膨大なデータを分析し、配電システムの状態を確認しながら調整を行うことができます。その結果、電圧の問題、変圧器や電線の過負荷、そして停電の早期検知および対処が可能となり、電力供給者は配電システムを最大限に利用することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング