ディノスがいち早く、日本初上陸の高機能ブレンダーを新発売12月24日より、WEBで先行販売開始

@Press / 2014年12月18日 13時0分

本体画像1
 株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区)は、「ディノス」で展開する、総合インテリアカタログ『HOUSE STYLING(ハウススタイリング)』2015春夏号(2015年1月5日発行)において、イギリスの老舗メーカー「DUNNETS(ダネッツ)」が開発した、簡単に酵素スムージーが作れる高機能ブレンダー「DUNNETTSプロフェッショナルブレンダー」を新発売します。なお、2月からの市場販売に先駆け、2014年12月24日よりディノスオンラインショップ(http://www.dinos.co.jp/)上でデジタルカタログを公開し、日本でいち早く先行販売を開始します。

 このたびディノスが日本で先行販売する新商品は、イギリスの老舗メーカー「DUNNETTS」が開発した、自宅で簡単に、本格的な酵素スムージーやスープが作れるキッチンブレンダーです。6種類の自動モード(スープモード、スタンダードモード、ルートモード、サイレントモード、豆乳モード、スムージーモード)を搭載しており、操作は、タッチセンサー式のボタンを指一本で押すだけで、どなたでも手軽に使えます。また、本体に設置された7枚刃のステンレスブレードで「砕く」と「切る」を両立させ、食材をパワフルかつスピーディに粉砕するので、滑らかで美味しいスムージーなどができあがり、皮や種に含まれる栄養素もまるごと摂取できます。さらに、付属のタンパーには温度計が付いているので、温度チェックしながら食材を混ぜることで、熱に弱い酵素やビタミンなどの栄養素を壊すことがありません。

 キッチン器具メーカー「DUNNETS」は、1885年、イギリスのバーミンガムで設立されました。当時は、黒い鉄製の重い鍋やキッチン器具が主流だったため、料理を作る女性が、「便利で使いやすいモダンなキッチン道具を」という思いから作られた、モダンでヨーロッパセンスが光るブランドです。

◆DUNNETTSプロフェッショナルブレンダ―の特長                                          
1:6種類の自動モード(プログラム)を搭載 
1スープ2スタンダード3サイレント4豆乳5ルート(ナッツ・根菜)6スムージーのメニューから選ぶだけ。
3のサイレントモードを使えば、ブレンダ―やミキサーは音が大きいという悩みも解消できます。
2:7枚のステンレスブレード
独自のステンレス7枚刃が、毎分28,000回転のハイパワーで、野菜や果物の皮や芯も丸ごと粉砕。本格的なジュースやスムージーが短時間で簡単につくれます。
3:撹拌しやすいすり鉢形状
底部分がすり鉢状になっていて効率よく撹拌できるため、ムラなくなめらかに仕上がります。
4:2か所に安全装置付き
本体上部の前後2か所に安全装置が付いていて、コンテナをセットしないと作動しない安全設計に。
5:付属のタンパーは温度計付き
食材を押し込む際に使うタンパーは温度計付きなので、酵素を壊さないように、ジュースやスムージーの温度チェックができます。
6:コンパクトにすっきり!
一般にあるコーヒーメーカーと比べてもコンパクト。キッチンスペースでも場所をとりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング