日経BPコンサルティング調べ 「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2015」 2015年 さらなる企業の投資が高まる「クラウドサービス」「タブレット端末」 新たに「ビッグデータ活用」への投資にも注目 通信事業者満足度はKDDI(au)が音声端末でソフトバンクモバイルが満足度大幅向上でデータ端末1位に

@Press / 2014年12月19日 11時0分

図1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)はこのほど、「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2015」の結果をまとめました(2014年12月19日に報告書を発行)。携帯電話の法人における利用実態と利用意向を探る本調査は、2005年に開始してから今回で10回目です。
 2015年のモバイル・ソリューションへの投資に関する重点投資分野の1位は「クラウドサービス」、次いで「タブレット端末」という結果になりました(図1)。今後のモバイル端末の主流としては昨年と同じく「タブレット端末」が中心となっています(図2)。
 通信事業者に対する満足度については、音声端末部門でKDDI(au)が1位、データ端末部門ではソフトバンクモバイルが1位となりました(図3)。今回、ソフトバンクモバイルに対する満足度の向上が目立ちました。
また、企業が負担する1人当たりの音声端末の月額負担料金は6,523円で、昨年から約1,000円の大幅減少となり、新料金プランの影響が見られる結果となりました。


■2015年のモバイル・ソリューションに対する投資No.1は「クラウドサービス」
 次いで「タブレット端末」、新たに「ビッグデータ活用」への投資にも注目
 モバイル・ソリューション関連で、2015年の投資が最も増えるのは「クラウドサービス」という結果になった。昨年調査で伸びが最も大きかった「タブレット端末」は今回も2番目であり、引き続き企業の投資意欲が高いテーマである。加えて、「スマートフォン」、「モバイル・セキュリティ」、「高速モバイルデータ通信対応」、「無線LAN」、「モバイルの業務アプリ連携」の5項目に対する投資意欲も高まっている。
 また上位7項目とは差があるものの、今回新たに追加した「ビッグデータ活用」への投資も拡大傾向にある。「ビッグデータ活用」は2015年の投資意欲の前年比伸びが2014年の伸びより大きく、取り組みを強化すべきテーマと考えられている。

図1:モバイル・ソリューションに関する投資の注力度
http://www.atpress.ne.jp/releases/55195/img_55195_1.png


■企業のモバイルデータ通信端末の中心は「タブレット端末」
 「ノートパソコン」も更に拡大
 2015年も2014年に続いて、モバイルデータ通信端末の中心は「タブレット端末」である。「タブレット端末」を選択した企業は45.7%で、昨年の52.1%からは減少したが、引き続き高い比率を占めている。2015年も企業におけるタブレット端末の需要は高まってくると考えられる。
 モバイルデータ通信端末の主流がスマートフォンと回答した企業は23.7%で、昨年の22.0%から1.7ポイント拡大。ノートパソコンが昨年の22.0%から5.7ポイント拡大して27.7%となった。Windowsアプリに対するニーズや、ノートパソコンの軽量化、ウルトラブックやタッチパネル搭載のタブレット端末にもなるタイプの登場により、利便性が増し利用意向が高まったと考えられる。

@Press

トピックスRSS

ランキング