オプティムとテレパシージャパン、ウェアラブルソリューション分野で業務提携~ IoT市場の加速に向け研究開発を強化 ~テレパシージャパンの新製品ウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」に、「Optimal Biz」、「Optimal Remote」エンジンを提供

@Press / 2014年12月19日 11時0分

提携イメージ1
ビジネス向けスマートフォンアプリ、タブレットアプリのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、ウェアラブルサービスにより人と人とがよりわかりあえる世界を目指す株式会社テレパシージャパン※1(以下 テレパシージャパン)と、ウェアラブルソリューション分野で業務提携し、テレパシージャパンが発売するウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」に3年連続国内シェアNo.1※2MDM※3「Optimal Biz」と、国内最大の約1,500万ユーザー※4にご利用頂いている「Optimal Remote」のエンジンを提供いたします。


■業務提携の背景
オプティムでは、「ネットを空気に変える」というミッションのもと、誰もがインターネットを快適に無意識に使えるサービスの実現に向けて、簡単に安心して利用するための製品やサービス開発・提供に取り組んでおります。また、テレパシージャパンでは、「人と人とがよりわかりあえる世界を目指す」をミッションとし、体験を分かち合いコミュニケーションを変えるウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」の開発・提供に取り組んでおります。

IoT※5市場の本格的な広がりに向けて、ソフトウェアとハードウェアの垣根が益々意識されることがなくなりつつあり、ネットワークにつながる多種多様なデバイスをどのように効率良く、安全に運用・管理するか、幾つもの技術的課題が存在しております。

このような背景のもと、IoT市場の加速に向けて必要不可欠となるウェアラブルデバイスの管理・運用を効率良く、安全に実現するサービスを提供するべく、業務提携を行い、研究開発を進めて参りました。


■ウェアラブルデバイスがビジネスアプリ市場に与える影響
これまで、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの管理においては、MDMをプラットフォームとして「一括設定」や「セキュリティ対策」を行い、管理・運用における課題を解決してきました。今後、ウェアラブルデバイスにおいても同様の課題が発生することを想定しており、WDM(Wearable Device Management)という、新たな市場の創造が不可欠であると考えております。また、ウェアラブルデバイスの管理のみならず、遠隔地にいるオペレーターやIT管理者から、ウェアラブルデバイスを装着した作業者へ指示を行うことで、作業を効率化することも期待されており、実運用面においてリモートサポート製品が重要な役割を果たすと考えております。

@Press

トピックスRSS

ランキング