川崎市初のアズハイムシリーズ誕生 介護付有料老人ホーム『アズハイム川崎中央』9月1日オープン!「地域密着の老人ホーム」「緑を感じる暮らし」

@Press / 2015年9月4日 10時0分

アズハイム川崎中央 建物外観
株式会社アズパートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:植村 健志、以下「アズパートナーズ」)は、首都圏で14棟目の供給となる、介護付有料老人ホーム「アズハイム川崎中央」の運営を開始いたしました。
神奈川県では横浜市にて3棟の老人ホームを運営しておりますが、川崎市においては本ホームが初の進出となります。アズハイムをより多くの方に知っていただけるよう、また地域で愛されるホームとなることができるようお客様への“思い”と“誓い”を旨に尽力してまいります。

・アズハイム川崎中央 建物外観
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_1.jpg


■物件概要
名称  :アズハイム川崎中央
所在地 :神奈川県川崎市高津区野川2208-1
交通  :(1)東急東横線・目黒線・JR南武線
     「武蔵小杉駅 北口5番・6番乗り場より、
      鷺02系統利用19分「山崎」バス停下車徒歩4分
     (2)東急田園都市線「鷺沼」駅3番乗り場より、
      鷺02系統利用20分「妙法寺下」バス停下車徒歩4分
延床面積:2924.5m2
構造  :鉄骨造/4階建て
事業所 :介護付有料老人ホーム
居室数 :75室
定員数 :75名
開設日 :2015年9月1日
運営会社:株式会社アズパートナーズ


■ホームの特徴 -ソフト面-
(1) 地域密着を柱とした取組みの実施
本ホームは地域の子供からお客様と同世代の方まで、地域の方々と一緒に歩んでいきます。

1.地域の方々を優先して採用
地域に詳しいスタッフを採用することで、ご入居者とのコミュニケーション向上を図ります。

2.地域の医療機関、居宅支援事業所との連携強化
近隣でお困りの方をスムーズに受け入れ、地域に貢献できるホームを目指します。

3.自治会との積極的な交流
自治会に参加することで地域との情報交換を行い、地域交流や取組など積極的に活動していきます。

4.地域の保育園、幼稚園、小学校、中学校との交流
地域の子供たちに来ていただき、ご入居者と子供たちとの世代間交流の場を提供していきます。

5.地域の方に解放
地域に開かれたホームを目指して、フラワーマーケットや出張販売会などの催しを実施。また、パートナー提携先の日比谷花壇主催フラワーマルシェ(地域住民の方へのお花販売会)なども実施し、地域に開かれたホーム運営を行っていきます。

(2) 理学療法士(PT)によるリハビリを採用
身体機能の維持向上を目的とし、専門資格をもった機能訓練指導員(PT:理学療法士)を配置し、科学的根拠に基づいた個別のリハビリサービスを提供します。器具を使用した訓練の他、日常動作を通してのリハビリを実施し、身体機能の低下を抑え、快適にお過ごしいただけるようにサポートします。

・地域の方との交流、イベント
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_2.jpg
・理学療法士による個別訓練・リハビリの実施
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_3.jpg

※上記画像はイメージです


■ホームの特徴 -ハード面-
(1) コンセプトに合わせた建物プラン
・ユニットケアを考慮したプラン構成
各階でご入居いただく方々の生活に合ったサポートができるようプランを構成しました。各階にはそれぞれ食堂、個浴を設けフロア単位でケアが行き届く環境を整えました。また、医療依存度が高い、重度の方対象のフロアには機械浴を配備、見守りの動線も配慮してフロア全体を動きやすい位置にヘルパーステーションを設置しました。

・充実の機能訓練スペース
1階には機能訓練指導員が集中してご入居者へリハビリが提供できるよう、リハビリ専門のコーナーを設け、十分なスペースを確保しました。

・住空間を大切にした居室
各居室には大型の収納やカウンターを設置してお客様の用途に合わせて利用できるようにしています。また、頻繁に利用する手洗いはあえてトイレルームの外へ設置。利用勝手を重視しながらもキャビネットなどを設け住空間の設えに影響のないよう考慮しました。

・【左】ヘルパーステーション 【右】各階ダイニング
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_4.jpg
・【左】各階個浴 【右】2階機械浴
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_5.jpg
・【左】機能訓練コーナー 【右】居室
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_6.jpg

(2) デザインのこだわり
施設ではなく住まいとして感じていただけるよう外構・内装においては、デザイン会社監修のもと「緑を感じる暮らし」をコンセプトに企画しました。
本ホームは近隣に広がる緑多き豊かな環境が特徴。扇型に設けた開放感ある各階ダイニングスペースでは、温かな日差しと自然を体感することができます。自然とともに過ごす環境を室内でも感じていただけるようインテリア、デザインは木目の素材感を活かしたものを採用。爽やかで風の抜けるような住空間の演出を意識しました。

・【左】散策路 【右】テラス、1階ダイニング
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_7.jpg
・【左】受付 【右】ラウンジ
https://www.atpress.ne.jp/releases/72713/img_72713_8.jpg

アズパートナーズは昨年11月2日にて創業10年を迎えました。これから先の10年も設立以来培ってきた経験を活かし、“お客様のニーズに応える”“質の高いサービス提供”をモットーに、ご入居者の方々に安心してご利用いただけるようサービス提供してまいります。


◆株式会社アズパートナーズについて
2004年創業。首都圏を中心に、介護付有料老人ホーム、デイサービスといったシニア事業を展開。2009年に国の政策実施機関である投資育成会社が株主となる。2013年12月には新規事業となる初のショートステイを開設。2014年11月2日で創立10周年を迎え、「世代を超えた暮らし提案型企業」を使命に新たなステージに向けて更なる事業を展開していく。
働くスタッフの満足がご入居者様・ご利用者様の満足に繋がることを意識し、社内イベントや社会貢献活動を積極的に開催。職場を越えたスタッフの交流、コミュニケ―ションの機会を増やし、社員満足・人間力の向上に努めている。また、シニア事業をお客様のニーズから生まれるサービス業として位置付け、高いホスピタリティとアズハイムのサービス理念を全スタッフが実践するようにしている。社名の由来でもある「あらゆる方々の良きパートナーとして…」を思いに、今後も社会に貢献し、存在意義のある企業として成長を目指す。

名称    :株式会社アズパートナーズ
主な事業内容:介護付有料老人ホーム「アズハイム」ブランドを中心とした
       高齢者ホームの運営、シニア事業全般、
       不動産コンサルティング事業等
       (*現在、首都圏を中心に介護付有料老人ホーム14棟と
        デイサービスセンター8箇所、ショートステイ2箇所を展開。)
設立年月日 :2004年11月2日
所在地   :本社 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-5-2
                東宝ツインタワービル 6F
代表者   :代表取締役 植村 健志
売上高   :50億4千万円(2015年3月期)
ホームページ:コーポレートサイト  http://www.as-partners.co.jp/
       アズハイム専用サイト http://www.as-heim.com/

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

地域の方との交流、イベント 理学療法士による個別訓練・リハビリの実施 左:ヘルパーステーション 右:各階ダイニング

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング