1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

東名高速「日本坂PA」で新鮮な刺身を堪能! 魚仲直営店が閉店に…… バイクで行く高速道路グルメ

バイクのニュース / 2021年9月15日 11時0分

東名高速道路「日本坂PA」(上り)には、静岡県焼津市の魚仲組合直営で絶品魚料理を提供する食堂がありました。バイクツーリングの途中で、新鮮なお刺身と煮魚を堪能してきました。

■巨大な魚のオブジェが目印、いつでも新鮮な魚が堪能できたのだが……

 静岡県焼津市に位置する東名高速道路「日本坂PA」(上り)には、一般的なフードコートの他に、かつて焼津市の魚仲組合が直営する「焼津さかな工房」がありました。入口に巨大な魚のオブジェがあり、初めて訪れた際もすぐにわかるようになっています。それが2021年8月31日20時をもって閉店となり、その前に立ち寄ったPA飯をご紹介します。

「焼津さかな工房」は年中無休(7時30分から20時)で営業している食事処と、水産加工品や特産品の販売店からなっていました。まずは腹ごしらえに、食事処へ行ってみました。数々の刺身定食、海鮮丼、煮魚メニューがあり、とても迷ってしまいます。刺身が食べたかったので、刺身定食や丼にしようと決めていたのですが、ついつい煮魚のメニュー写真に目がクギ付けになります。

 結局オーダーしたのは「極みカツオ刺身定食」(880円)と「煮魚単品」(370円)の2品です。これならどちらも満喫することができます。カツオは新鮮さが第一ですから、その味でお店の良し悪しの判断もつきやすいのではないかと思います。

 実際のところ、ここのカツオは「極み」と謳うだけあり、新鮮かつ美味でした。生姜や大根などの薬味がたくさんあり、カツオと共にさっぱりと、また臭みが全くないので醤油を少々つけるだけでも十分な味わいでした。

 一方の煮魚は、サバの大根の煮付けが出てきました。こちらは甘く煮込まれ、ホロホロと身が取れて食べやすく、味もなかなかでした。みそ汁の出汁は魚介系のお店ならでは、良い味わいです。ちなみに店外にもたくさんの看板が出ています。フライ、焼き魚なども豊富に揃っていて、「寒サバ焼き定食」も気になりました。が、閉店となってしまったのでリベンジは叶いませんね。

「日本坂PA」(上り)に来ればひと目で分かる大きな魚のオブジェ。マグロの頭にカツオの尾ひれという架空のもの。「焼津さかな工房」は、魚好きにとっては貴重な食事処だった

 食事を終えてお土産に購入したのは「焼にんにく(黒こしょう味)」です。じつは長野県の信州物産の商品で、ネットでも購入できるものでした。日本各地のご当地商品が集まるのもPA(パーキングエリア)の面白いところ、その場で見つけた買いたいものを買えば良いのです! ということで、こちらは帰宅後のビールのおつまみとなりました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング