1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

「夜道雪のちょっと寄り道」 街乗りデビューからオフロードのトレッキングまで行動範囲が広がりそう! ホンダの原付2種レジャーバイク「CT125 ・ハンターカブ」に乗ってみました!!

バイクのニュース / 2021年12月29日 13時0分

人気YouTuberで声優、モデルなどマルチで活躍する夜道雪さんが、バイクライフを綴る連載コラム「夜道雪のちょっと寄り道」。連載第10回目ではホンダの原付2種レジャーバイク「CT125・ ハンターカブ」に乗ってみました!

■スポーティーでカッコいい「ハンターカブ」とは運命的な何かを感じます!

 こんにちは! 夜道雪です! 今回はホンダさんのCT125・ハンターカブに乗らせていただきます!

ホンダさんの原付二種レジャーバイク「CT125・ハンターカブ」に乗らせていただきます!ホンダさんの原付二種レジャーバイク「CT125・ハンターカブ」に乗らせていただきます!

 実は撮影で何度か乗っているこのバイク・・・! バイク専門誌「モーターサイクリスト」さんの付録本の表紙を飾らせていただいたことがあるんです。当時、新型として発表されたハンターカブと一緒でした?

私とカブには運命的な何かを感じざるを得ませんね。

 アウトドアレジャー向けとして登場したこともあって、オフロードバイクのような個性的でワイルドなデザインをしています。アップマフラーや大きなリアキャリア、フロントフェンダーに無骨なカッコよさを感じますよ。

アップマフラーや大きなリアキャリア、フロントフェンダーに無骨なカッコよさを感じますアップマフラーや大きなリアキャリア、フロントフェンダーに無骨なカッコよさを感じます

 個性的な見た目なだけに、まず乗ったことがない人が見ると、乗りづらそう、難しそう・・・。そんな印象を受けるのではないでしょうか?

 全体的なデザインがとてもスポーティーでカッコいい。親しみやすいスーパーカブに慣れているせいか、「カブ」と名乗るのはまた少し違うような・・・。そんな印象です。

 「カブ」といえば、当たり前のように感じる方も多いかもしれませんが、個人的な好みとして、シート下に燃料タンクの給油口があるのが結構好きなんです。どのバイクでもこういう現実的なパーツ(?)って隠れてる方がデザイン的によいと思うんです! あまり理解されないコダワリかも知れませんが(笑)

個人的な好みとして、シート下に燃料タンクの給油口があるのが結構好き!個人的な好みとして、シート下に燃料タンクの給油口があるのが結構好き!

 さて、ハンターカブのよいところは、初心者から上級者まで、オンからオフまで、幅広く乗れそうな点かと思います。

 エンジン始動はキックとセルが両方ついています。慣れている方でもトラブル時でのキックスタートはかなりアセるものだと思います。キックが不安な方も、セルもついているとすごく安心ですし、何よりキックスターターでもラクに始動してくれるのでスゴく助かります!

アップマフラーはコーナーで倒し込んだ時や荒れたオフロード走行でも気にすることなく走れそうアップマフラーはコーナーで倒し込んだ時や荒れたオフロード走行でも気にすることなく走れそう

 少し慣れれば峠デビューもいいですね。アップマフラーになっているので、コーナーで倒し込む時も何かと安心できそう!

 歴史の長いハンターカブですが、初期からの「CTらしさ」のあるデザインは残し、現代の技術で扱いやすく乗りやすく、マルチなバイクになっていそうですね。

■無骨でクセが強そうなのに、ライダーに寄り添ってくれる優しいバイク

 さて、お待ちかねの乗り心地ですが・・・。ブレーキの感度のよさ!

前後にディスクブレーキを採用していることで、ブレーキの反応のよさに感動します前後にディスクブレーキを採用していることで、ブレーキの反応のよさに感動します

 前後にディスクブレーキが採用されていることにオドロキです。スーパーカブシリーズでは最上級モデル「スーパーカブC125」にディスクブレーキが採用されていますが、スタンダードモデルでは機械式リーディング・トレーリングというドラムブレーキが採用されています。私にとってカブ=ドラムブレーキというイメージなのです。

「えぇ?ディスクなの?」

 そんな疑問を抱きつつも、実際に乗り出すと、このブレーキの反応のよさに感動します。ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)をフロントに標準装備しているので、ブレーキング時の安心感があります。細やかなブレーキングに敏感に対応してくれる乗り心地は、よい意味でカブらしさをまったく感じないなぁ・・・。

 また、そんな軽快なブレーキングに合わせてよく動くサスペンションもとても快適。軽めのブレーキや走り出しにも、軽快に動くサスペンションを体で感じることができますよ!

ハンターカブは「ニーグリップができないことによる不安定さ」をまったく感じませんハンターカブは「ニーグリップができないことによる不安定さ」をまったく感じません

 お恥ずかしながら私、バイクのニュースさんの記事では、よくニーグリップができない原付などの運転がかなり苦手・・・ということを明かしています。でも、前から思っていた不思議なことなんですが、ハンターカブにはその「ニーグリップができないことによる不安定さ」をまったく感じないんです。

 私の持っているカブよりもパワーがあるから? シフトチェンジが慣れなくて自然と足元の力をダラけさせていないからなのだろうか・・・。私と同じ感覚の人、いますか?

足つき性は、両足をつくと爪先立ちですが、片足ならば問題なく車体を支えられます足つき性は、両足をつくと爪先立ちですが、片足ならば問題なく車体を支えられます

 ハンターカブは、カブらしからぬスポーティーなデザインでありながら、初心者にも優しくて、慣れてきたらそのままで林道だって行けちゃいそう! オフロード用のタイヤを装着したらさらに行動範囲が広がりそうです。

 ワイルドなルックスでクセが強そうな印象がありましたが、乗る人と場所を選ばないマルチな性能で、乗ってるうちにいつのまにかライディングの能力だってあげてくれそう…そんな頼もしさがあります。

デザインとは裏腹にかなりライダーに寄り添ってくれる優しいバイク。

デザインとは裏腹にかなりライダーに寄り添ってくれる優しい原付2種レジャーバイク「CT125 ・ハンターカブ」ですデザインとは裏腹にかなりライダーに寄り添ってくれる優しい原付2種レジャーバイク「CT125 ・ハンターカブ」です

 いずれオフでの走行もしてみたい方の、街乗りもできるデビューバイクとして一台、いかがでしょうか?

■HONDA CT125 HUNTER CUB
全長×全幅×全高:1960×805×1085mm
軸距:1255mm
シート高:800mm
車両重量:120kg
エンジンタイプ:空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:124cc
内径×行程:52.4×57.9mm
最高出力:6.5kW(8.8PS)/7000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm
燃料タンク容量:5.3L
タイヤ:前80/90-17M/C 44P、後80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式:前後 油圧式ディスク
■メーカー希望小売価格:44万円(消費税込)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください