“かわいい”よりも重要!男が本気で愛したくなる女性の特徴3つ【恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門26】

ココロニプロロ / 2019年3月21日 11時55分

写真

男が本気で愛したくなる女性の特徴3つ【ひとみしょうの男子学入門26】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。


■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門26
気になる彼に本命の彼女として選ばれるために、どういう振る舞いをすればいいのか? について悩み考えている女性が多いらしいです。

「よく使われている検索ワード」が、そう教えてくれました。ネットって便利ですよね。気になる彼の心の中も、ネットの「ランキングワード」のように、サクッと調べることができればいいのにね!

ということで、今回は、男性が本気で愛したくなる女性とは、どのような女性なのかを一緒に見ていきたいと思います。

■元気のいい女性
男の基本は「元気がない」です。死ぬまで働かないと年金だけでは老後の生活は無理そうだし、働くといっても、上司の顔色をうかがいながら発言しないといけないし、俺の背中の畳まれたままの羽は、一生使うことなく朽ち果てるのかな。これが男の思想です。思想? いや、思考ですね。男に思想があるとすれば、それは「生きるって、ちょっぴり苦しいよね」くらいのものです。

そういう男は、どういう女性を本気で愛したいと思うのか? 元気のいい女性に決まっています。かわいいとか、スタイルがいいというのは、後から男たちがくっつけた理屈です。
かわいくても、つねにネガティブ思考で暗い女性って、愛されないでしょ? 生まれつきネガティブ思考が脳の片隅にこびりついている男たちは、女性の外見うんぬんの前に、まず元気のよさを見るのです。
元気がいい女性と毎日会いたいなあ、そしたら俺の人生がどれほどバラ色に変わるか! 男はこう思っているのです。

■損得勘定が表に出ていない女性
心の中でいかに損得勘定をしていようと、それが表に出ない限り、彼にはバレないので大丈夫です、と先に断っておきますね!

さて、男性は、恋愛や結婚を損得勘定抜きに考えている節があります。「この女性と付き合ったらお金がかかりそう」と思うのは、お金がないからであり、それは損得勘定というより、破産しないための自衛的な考え方です。

そうではなくて、たとえば女性って、経済的に豊かで安定している男性だけを恋愛対象にする人がいるけれど、男でそういう視点で彼女を選ぶ人は少ないでしょ?ということです。
それはつまり、男は恋愛や結婚を「相互互助」だと思っているからです。相互互助、要はボランティア精神に支えられている助け合い。

恋愛も結婚も、経済的な面からいえば、しないほうが男にとっては得です。でもそれをあえてする。なぜか? 誰かのことを好きになって、ゆくゆくは一緒に暮らす。この愛をベースにした営みは、損得ではなく、相互互助という思いやりによって成り立つものだと、彼が思っているから。こうやって明言しなくても、心のどこかでそう思っているのが男です。

そういう男は、損得勘定でお金のことをグチグチ言う女性は苦手中の苦手なんですね。「お金がなければ働くといい」としか思っていない人は、「もしお金がなかったらどうする?」と聞かれること自体をうっとうしいと感じます。「もし」を考える暇があれば、手を動かして働くといい――彼はこう考えます。
男性は、損得勘定が前面に出る女性が苦手だから、計算を心の奥に隠して、いつも元気に明るく振る舞う女性のことが大好きなのです。

■エッチの希望頻度が合う女性
女性の中で、そこそこエッチが好きな人は、彼とのセックスレスに悩んでいたりしますよね。男女ともに、自分がしたいと思った時にヤレないと、不満が募ります。当たり前ですよね。

だから「彼がヤリたいと思った時にヤラせてあげる」のが一番いいんです。と書くと男尊女卑と言われて怒られます。
がしかし、女性がしたいと思った時に、女性の求めに応じないと、女性は不満なのだから、女性にとっても、自分がヤリたいときにヤッてくれる彼氏がいいわけですよね? お互い様でしょう。

つまり、エッチの希望頻度がふたりで合うと、それなりに愛し愛される関係になります。エッチとは、言葉以外の方法で愛を確認する「善い」行為だから。

■男性が本気で愛したくなる女性像3つ
毎月数多くの恋愛相談をいただきます。未婚・既婚問わず、いろんな相談を読みます。
たくさんの人の経験が物語っているストーリーが浮かび上がらせた「男性が本気で愛したくなる女性像」を3つご紹介しました。

元気よく暮らし、損得勘定を控えめにし、健全な量の性欲をうまく活用する――この3つです。あなたにもできそうでしょ? そうでもないですか?


※毎週木曜日更新

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング