男性が結婚したいのは、本当のところどんな女性?【ひとみしょうの男子学入門53】

ココロニプロロ / 2019年9月26日 11時55分

写真

男性が結婚したいのは、本当のところどんな女性?【ひとみしょうの男子学入門】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門53

ネットの情報によると、男性が結婚したい女性とは、たとえばポジティブな女性なんだそうです。たしかに結婚生活は長いし、いろんなことがあるから、どんなことにも前向きに取り組める女性といたほうが、なにかといいなあと(経験から)感じます。

がしかし、ネガティブな女性が、今から性格をポジティブに変えようと思っても無理です。よく言われるように、持って生まれたベースの性格は変わらないから。

それに、ネガティブな女性だって結婚していたりするので、なにがなんでもポジティブな女性と結婚したいと願っている男ばかりでもないのです。

さて、今回は、本当のところ男性ってどんな女性と結婚したいと考えているのか?について、一緒に見ていこうと思います。

■ズバリ「自分のことを大事にしてくれそうな女性」
男性が本当のところ結婚したいと思っている女性とは、自分のことを大事にしてくれそうな女性です。これ、ある種の女性とまったく同じ考えですよね。

女性も当然、結婚相手の男性に対して、好みのルックスやスタイル、収入などの「条件」をいくつか(いくつも)持っていると思います。
がしかし、そのような条件より何より「わたしのことを大事にしてくれる男性と結婚したいの!」と言う女性がいるではありませんか!

そういう女性って、その女性にモテようと努力している男にとって天敵だったりするのです。モテようと思うと、男は洋服に気を遣ったり、がんばってお金を稼いだりしますが、彼女はそんなことより何より、「わたしのことを大事にしてくれる男性と付き合って結婚したい」と思っているわけです。

「俺、がんばって、やっと月収100万になったのに、俺が仕事に精を出している間に、彼女は俺より安月給の、わりと暇な男と結婚してしまった!」彼はこう嘆くのです。

■自分のことを大事にしてくれそうなのはどんな女性?
でも、彼が嘆いたところで、やっぱり彼女の意思は固いのです。だって、お金がどうとか、彼のルックスがどうとかというより、究極的には「わたしは結婚相手に大事にされつつ歳を重ねたい」と思っているのだから。

男もまったく同じです。ルックスがかわいいとか、かっこいい美人さんとか、スタイルがいいとか、そういうことよりも「俺のことを大事にしてくれる女性と結婚したい」と考えているのです。

そういう男性の気持ちを、具体的に、たとえば「浮気をしない女性」とか「嘘をつかない女性」「実家と仲良くできる女性」などとネットに書いています。そのとおりだと思います。

でも、「大事にしてくれる」というのは、具体的な事象を超えて、ようするに他者に対する思いやりのことですね。男であるとか女であるという性差を超えて、人として思いやりのある女性――そのような女性と結婚したいと思っているのが男です。

ちなみに、女性が言う「わたしのことを大事にしてくれる男性」とは、精神的包容力&年収というところですか?

■人としての思いやりとは?
今の恋愛市場に、ぼくは作為を感じます。つまり、こうすればいい男性に選ばれるだろうとか、こうしたほうが男ウケがいいだろう、というようなテクニックが先行しているように見えます。

テクニックって、ないよりあったほうがいい時もあるので、テクニック先行の恋愛市場でも別にかまわないと思います。がしかし、テクニックが先行する中で、思いやりが薄れているように見えるのです。

そもそも、好きな人がいて、その人に振り向いてもらいたい(その人と付き合いたい)と考えれば、まずは相手に親切にしようと思うでしょう? 精神がお子ちゃまな男は、好きな女性にいじわるするのが常だけど、それだって、親切にしたいという気持ちの裏返しだったりするじゃないですか。

好きな人に親切にしたい、好きな人から親切にされたい――つまり、好きな人と思いやりのキャッチボールをしたい、そのキャッチボールが心地よいものだと結婚したいと思う――これが、結婚相手選びにおいて「本当は」男性が思っていることです。

ことさら「かわいい女子がいい」とか「スタイルがいい女子がいい」などと言い立てる男ですが、こと結婚となると、じつはこんなシンプルなことを考えているのです。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング