レクサスIS 新車情報/購入ガイド 一部スペック公開! 超低燃費スポーツセダン、レクサスIS300hスピンドルグリルをまといデビュー! 2013年春、国内発売開始。低価格化にも注目だ!【ニュース・トピックス:レクサス】

CORISM / 2013年1月18日 12時0分

レクサスIS ハイブリッド

レクサスIS300h、コンパクトなサイズを生かし、クラウンハイブリッドの燃費を超えるか? 

 レクサスは、デトロイトショーで新型レクサスISを発表した。

 今回発表されたレクサスIS最大の話題は、ハイブリッドモデルであるIS300hが投入されたことだ。ガソリン車のスペックを見る限りでは、大きな進化はみられないようで、3.5Lエンジンに新型クラウンに搭載された8速ATが組み合わされている程度だ。ガソリン車のスペックは、ほぼクラウンと同じで、2.5Lはレギュラーガソリン仕様、3.5Lはハイオク仕様になると思われる。

 IS300hに搭載されるハイブリッドシステムも、基本的には新型クラウンに搭載された2AR-FSE型と呼ばれるエンジンをベースにしたものだ。直4の2.5LエンジンでFF車のハイブリッド車であるカムリの2AR-FXE型とは、似て非なるもの。世界最高の熱効率38.5%を達成している。スペックは、欧州仕様ということで、エンジンの出力がクラウンとは若干異なるが、システム全体の出力は、162Kw(220ps)とクラウンと同じだ。この出力が、3Lガソリン車並といわれることから、300hという名が付けられている。

 気になるIS300hの燃費だが、クラウンハイブリッドと同等の圧倒的な低燃費23.2km/L前後と思われる。若干、IS300hのボディが小さいことから、車重が軽ければ、さらに低燃費化されることが予想される。

 今回のISも、先代モデルと同じプラットフォームを使っていると思われる。トヨタのFR車は、ベースを同じとしたプラットフォームを使い、車種ごとに若干の変更や改善を加え使用している場合がほとんど。クラウンに関しては、先々代から同じで、ホイールベースも2850mm。マークXやレクサスGSも同じだったりする。

 ただ、レクサスISは全長が短いということもあり、ホイールベースは違う。先代となったISは2730mm。コンパクトなFRセダンとして、また、短いホイールベースを生かし、シャープなハンドリングが楽しめた。

 今回のフルモデルチェンジでは、ホイールベースを2800mmに拡大。先代はホイールベースが短いことから、後席の居住性を若干犠牲にしていたこともあり、ホイールベースを拡大して後席スペースにゆとりをもたらそうとしていることを感じさせる。

 ボディは大幅に進化した。従来のスポット溶接とレーザー溶接の長所を兼ね備えた「レーザースクリューウェルディング」や「構造用接着剤」など、新技術を積極的に投入。ボディ剛性を高め、優れた操縦性・走行安定性を実現した。

 レクサスは、トヨタの中でも新技術を投入しやすいブランドといわれている。しかし、それ以上に、新グレードF SPORTの設定によるものが大きい。自らクルマ好きをアピールし、スポーツカーを強く意識する豊田章男社長の目が光っている以上、スポーツグレードを設定することは、もはや絶対条件。主君の意向を汲み取らないわけにはいかない。

 そのため、スポーティバージョン“F SPORT”を設定。専用チューニングのサスペンション、専用内外装デザインのほか、2シータースポーツLEXUS LFAの意匠・機構を受け継ぐ可動式メーターや新工法「表皮一体発泡」を採用したスポーツシートなどの専用装備を搭載した。

 話題のスピンドルグリルも、スポーツセダンを強く意識しているISとのマッチングは良好で、比較的小さなサイズであるISのシルエットをよりワイドに、そして視覚的なローフォルムを上手く演出している。

<低価格ハイブリッドで新規顧客の開拓を目指す新型トヨタ クラウン ハイブリッド情報>
新型トヨタ クラウン ハイブリッド新車情報/バイヤーズガイド 若年層奪取が至上命令! 低価格ハイブリッド車戦略で、セダンマーケット独占を狙う!?

輸入車キラーとなるには、低価格化が必要なレクサスIS300h

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング