日本流中古車クオリティ&サービスで、タイの中古車マーケットを席巻する? ガリバーのASEAN戦略の第一弾!タイ バンコク シーナカリン店レポート【ニュース・トピックス:event】

CORISM / 2014年5月4日 4時27分

ガリバー シーナカリン店

新車マーケットが広がったことにより、中古車マーケットも拡大

 日本で中古車販売の最大手であるガリバー インターナショナルは、その社名が示すように国内だけでなく海外展開も積極的に図っていて、2014年3月には、ASEAN加盟国への進出戦略をスタートさせた。その第一号店として、バンコクにガリバーの店舗を開設した。

 タイの中古車 市場は、メーカーやディーラーの中古車戦略はまだ端緒についてばかりという段階で、中古車はいわゆる専業店がテントと呼ばれる仮設の屋根の下に中古車を並べる形で販売している状態だ。

 その一方で、新規購入者補助金が実施されたことなどもあって、クルマを買うユーザー層は大きく広がり、健全な中古車市場の形成が期待される段階にきている。
 
 タイ国内で大きなシェアを持つトヨタホンダ などは、ここ2~3年の間に中古車事業への取り組みを始めたが、メーカー系列の中古車事業は自社ブランド車に限られるという限界がある。

 そんな状況の中で、バンコクの都心部からクルマで30分ほどのバンナという地域にある幹線道路シーナカリン通り沿いに、ガリバーの新店舗シーナカリン店がオープンした。そのシーナカリン店を訪問し、責任者の野村勝志さんに話を聞いた。

ガリバーのブランド力を前面に出した店舗戦略

 まず最初に、タイでは自動車メーカーなどの製造業は外国資本100%でも構わないが、小売業についてはタイ資本が過半数でないと会社の設立が認められない。なので、ガリバーの店舗ではあるが、ガリバーが直接的に出店したわけではない。

 ガリバーインターナショナルと、現地でさまざまな自動車事業を展開するビリアグループと合弁でV-ガリバーというの中古車販売会社を設立し、V-ガリバーが各地でフランチャイズの募集をすると同時に、直接に店舗を出店していく形をとっている。このシーナカリン店はV-ガリバーの直営店で、フランチャイズを募集するための見本になることも目指してタイ1号店であるナカリン店が開設された。

 店舗の外観は、日本のガリバーの店舗と同じくガリバーを英字で表記している。「クルマのこと、ガリバー」というキャッチフレーズは、日本語をそのまま使っている。一部にタイ語での表記もあるが、全体としては、日本のガリバーのイメージ。それが、タイ市場に新規参入したガリバーの戦略であり、現地の中古車専業店の差別化政策でもある。

 室内は、必ずしも日本のガリバーの店舗と同じではないが、タカラトミーとの提携で大量のトミカをショールーム内に展示しているのは日本でもやっていることだ。

タイマーケットでは、買取よりも中古車販売。タイには無い保証付車両、日本式の高品質&サービスを提供

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング