倉科カナ・インタビュー「感情が爆発的な役柄、ナレーションに挑戦してみたい!」

Entame Plex / 2014年8月20日 19時34分

写真

倉科カナ・インタビュー「感情が爆発的な役柄、ナレーションに挑戦してみたい!」

現在、フジテレビ系列にて放送中の土曜ドラマ「水球ヤンキース」に、水球部顧問・庄司真冬役で出演するなど、2006年の活動開始から様々な役どころを演じ、女優としての幅を広げている倉科カナ。19日、都内にてタイガー魔法瓶の新CM発表会が行われ、イメージキャラクターを務める倉科が出席した。



新CMではお米・肉・とうもろこし・パン生地といった食材の化身に扮し、4つの個性的な衣装やヘアスタイルに挑戦した倉科は「(食材の化身を演じるにあたり)少し困惑しましたが、現場ではとても楽しく撮影させていただきました。すごくユニークで素敵なCMになっていると思います」と、新CMの仕上がりに満足そうな様子。



また、倉科は普段から料理が好きとのことで「昨日は手羽先の甘辛煮、このあいだは五目鶏めしを作りました。毎年大掛りなおせちを作ります」と話し、この日発表された新シリーズ『GRAND X(グランエックス)』の4つの新商品を使って、カナッペ、コーンスープ、ステーキなどを手際よく調理。エプロン姿で料理の腕前を披露し、女子力の高さを見せてくれた。



そして、イベント終了後の倉科カナに、料理やプライベート、女優の仕事について突撃インタビュー!

──イベントでは料理の腕前を披露していましたが、倉科さんの得意なメニューは?
「評判がいいのは、チキン南蛮とお稲荷さんですね」

──倉科さんにとってスペシャルなご馳走って何ですか?
「焼肉とか薬膳鍋になっちゃいますね」

──これまでのCMでは和服姿がとてもお似合いでしたが、今回はイメージが一変していましたね。
「お肉の衣装では、お肉の写真をスキャンして生地に活かしていたり、パン生地の衣装ではベッドに使うようなふかふかの素材だったり、今回の衣装は全てこだわって作っていただいて、すごくスペシャル感がありました(笑)」

──普段はどのようなファッションがお好きなんですか?
「流行りも取り入れつつ……、クラシックなものが好きなので、お洋服はクラシックな感じが多いです」

──ところで、倉科さんのブログにたびたび登場する“猫ハジメ”ちゃんが可愛いという声が多いですけど、飼いはじめたきっかけは?
「実家では犬のブリーダーをやっていたんですけど、以前あるCMで猫と共演して“猫も可愛いな”と思って。それで(猫を飼おうと)探していたら“ハジメ”くんに出会って一目惚れしちゃって。ただ、最近ブログをお休みしててまだ載せてないんですが、犬も飼い始めたんです(笑)」

──オフはどのように過ごすことが多いですか?
「朝起きて掃除してDVDとか観はじめて、気付けば4本くらい観続けてたり(笑)。ごはんを食べてまた映画やドラマを観たり……、インドア派ですね。スーパーか美容室か病院か、あとは犬の散歩くらいでしか外に出ないです(笑)」



──たくさんの作品を観られているんですね。ご自身で演じてみたい役どころや今後新たにやってみたいことはありますか?
「感情が爆発的な役柄とかやってみたいですね! あとは、ナレーションに挑戦してみたいです。熊本出身で普段は熊本弁で喋るので、訛りとかあって今まで遠ざけていたんですけど……、最近そろそろ挑戦したいなと思っています。ナレーションと爆発的な役、この2つは書いておいてください(笑)」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング