デヴィッド・フィンチャー最新作が、ハリウッド・フィルム・アワード受賞を受け特別上映決定

Entame Plex / 2014年11月18日 22時28分

写真

デヴィッド・フィンチャー最新作が、ハリウッド・フィルム・アワード受賞を受け特別上映決定

「セブン」や「ソーシャル・ネットワーク」、「ドラゴン・タトゥーの女」などを手掛けた鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の最新作「ゴーン・ガール」。今作は12月12日より日本公開となるが、このたびその公開前夜に特別上映されることが決定した。

「ゴーン・ガール」は全米ではすでに公開され、フィンチャー監督作品としては過去最高のオープニング記録を樹立。さらには、監督のこれまでの最高記録「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」の1億2750万ドルを抜き、自身過去作最高記録も記録し、世界各国でも全米同様大ヒット。そして、世界の映画祭賞レースの口火を切るハリウッド・フィルム・アワードでは、「作品賞」、「脚本賞」、「音響賞」の3部門を受賞した。ここ日本でも本作の公開を待ち望む声が多かったが、今回の受賞を受けいち早く見たいというファンの声に応える形で特別上映が決定した。

今作は、アメリカで600万冊以上を売り上げ、NYタイムズベストセラーランキング第1位を記録したギリアン・フリンの小説が原作となっており、そのギリアンが映画の脚本を担当。また、主演はベン・アフレック、そのほかロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリスらが出演している。

©2014 Twentieth Century Fox

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング