中山優馬「兄貴を越えたい一心で」映画『曇天に笑う』で福士蒼汰の弟役に

Entame Plex / 2016年8月9日 11時3分

写真

中山優馬「兄貴を越えたい一心で」映画『曇天に笑う』で福士蒼汰の弟役に

監督に『踊る大捜査線』シリーズや『PSYCHO-PASS』の本広克行、主演に福士蒼汰を迎え映画化が決定した『曇天に笑う』。本作の新たなキャストとして、中山優馬と若山耀人の出演が決定した。

『曇天に笑う』は明治維新後の滋賀県・大津を舞台に、巨大な力を持つ大蛇復活を阻止すべく立ち上がった曇天三兄弟と明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)、そして大蛇の力を利用し政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族の3勢力の戦いを描く物語。

そして今回、物語の中心となる曇天三兄弟の長男・天火役(福士蒼汰)に続き、次男・空丸役を、中山優馬がつとめることに。そして曇家三兄弟の三男・甘えん坊で長男の天火が大好きな宙太郎役には、若山耀人が決定。

今作について中山は、「アクションはとても楽しいです。オロチ討伐というエンタメを想像しながら共通認識を持ちながら作品を作るというのは本当に楽しいです。兄貴を越えたい一心でアクションを頑張っています」とコメント。役どころについては「向上心あふれるエネルギッシュな役所なので、力強く、スピーディーにアクションシーンを演じさせていただきました」と語っている。

映画『曇天に笑う』は2017年全国公開予定。

©唐々煙/マッグガーデン

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング