苺だらけの特別な2日間!資生堂パーラーから15品種の苺がそれぞれ主役になった15種のパフェ登場

FASHION HEADLINE / 2016年12月15日 11時0分

資生堂パーラーにて、様々な品種を使った“苺パフェ”が登場する「2017 こだわりの苺フェア」第1弾が1月15日、16日に開催

資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェでは17年1月3日から3月31日まで、創業115周年を記念した「2017 こだわりの苺フェア」を開催する。

1902年に資生堂調剤薬局の一角で、日本初のソーダ水と、当時まだ珍しかったアイスクリームの製造販売から始まった資生堂パーラー。この度は創業115周年を記念して、資生堂パーラー伝統のバニラアイスクリームと、アイスクリームに合う15種の苺を使ったストロベリーパフェを豊富なバリエーションで提供する。

1月から3月にかけて月替わりで品種の異なる苺を使ったストロベリーパフェが登場することになっており、1月は3日から「山口県産 四星のストロベリーパフェ」(税込1,890円)、「香川県産 さぬき娘のストロベリーパフェ」(税込1,890円)、7日からは「岐阜県産 美濃娘のプレミアムストロベリーパフェ」(税込3,240円)が加わり全3種を展開。

さらに、1月15日、16日の2日間は15品種の苺による15種類のストロベリーパフェを提供する「スペシャルストロベリーデー」を実施。1月のラインアップにも登場する「岐阜県産 美濃娘」、「山口県産 四星」、「香川県産 さぬき娘」や、日本を代表する品種である「栃木県産 とちおとめ」(税込1,890円)、福岡を代表する「福岡県産 あまおう」(税込1,890円)の他、きめこまかい果肉としっかりとした食感が特徴の「青森県産 さちのか」(税込1,890円)や、華やかな香りと甘さが特徴の「福島県産 ふくはる香」(税込2,180円)、“大きさ、美しさ、おいしさが大空に届くようなすばらしい苺”という意味が込められた「栃木県産 スカイベリー」(税込2,180円)、品の良い甘みとフルーティーな香りが特徴の「静岡県産 きらぴ香」(税込1,890円)や、果肉のやわらかい「静岡県産 紅ほっぺ」(税込1,890円)、やわらかい果肉と聖な香りの「岐阜県産 濃姫」(税込1,890円)、大粒の「和歌山県産 まりひめ」(税込2,340円)、ルビーのような赤い光沢としっかりした味が特徴の「徳島県産 アスカルビー」(税込1,890円)や、しっかりした果肉とまろやかな甘みを持つ「福岡県産 やよい姫」(税込1,890円)、上品な香りと爽やかな甘みの「長崎県産 かおり野」(税込1,890円)を使った全15種類のストロベリーパフェは数量限定で1名につき1品の注文にて承る。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング