シブヤ109アベノ、今春リニューアル。リズリサ、リエンダなど新規7店舗オープン

FASHION HEADLINE / 2014年1月22日 10時0分

写真

シブヤ109アベノに新規オープンするジュリアーノジュリ

大阪府下最大級のモール型ショッピングセンター「あべのキューズモール」内の「シブヤ109アベノ(SHIBUYA109ABENO)」は、新規7店、リニューアル3店の合計10ショップをオープンする。

制服やインナーウエアなど、次世代の阿倍野を担うローティーン向け店舗を集積。上品で可愛い制服を提案する「コノミ(CONOMi)」(2月8日オープン)、リゾートシーンにインスパイアされたアパレルショップ「リエンダ(rienda)」、レトロとトレンドを融合したスタイルの「リズリサ(LIZ LISA)」、トータルコーディネートのセット販売をメインとする「ジュリアーノジュリ(JURIANO JURRIE)」、ティーンズカジュアルブランド「ラブトキシック(Lovetoxic)」、ランジェリーショップ「ボディフォーカス(BODY FOCUS)」(以上2月22日オープン)、リゾートとアーバンをミックスさせたライフスタイルショップ「ラレイアアイランドヴィンテージ(La Leia ISLAND VINTAGE)」(3月8日オープン)が新規オープンする。

ウィメンズファッションアイテムショップの「神戸レタス(KOBE LETTUCE)」、カジュアルスタイルを中心とする「ギルフィーストア(GILFY STORE)」、都会的な女の子をイメージした「リゼクシー(RESEXXY)」も順次リニューアルオープンする。

また、新ブランドを発掘する新たな取り組みとして、今春より催事区画「109あべの期間限定ショップ」を設ける。過去の取り引き実績に関わらず、新奇性のある店舗を誘致するという。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング