ディオールパフューム&ビューティ表参道ブティックで美のメイドトゥメジャー2/2

FASHION HEADLINE / 2014年11月30日 22時15分

表参道ブティックのメイクアップ アーティストでありフレグランス スペシャリストの松村和幸さん。

「今日お召しになっているニットのカラーはグレーですね。グレーは調和を意味する色で、ムッシュ・ディオールが愛した色の一つでもあります。私達はその日のお客様の装いもカウンセリングの要素にしています」とフレグランス スペシャリストの船村さん。仏・グランヴィルにあるクリスチャン・ディオールの生家はグレーと白、ピンクの外壁で彩られており、グレーはメゾンにとって重要なカラーの一つ。

提案された三つの候補の香りの中からお気に入りの一つを選び終わると、船村さんはその香りそのものの魅力について解説し、また一番魅力的にそのフレグランスをまとえる方法をアドバイスする。「選ばれた『グリ モンテーニュ』はモンテーニュ大通りのクチュールブティックの色でもあります。香りは非常にピュアで洗練されています。ローズやジャスミンは安心感を与える効果もあるんですよ。片方の腕にスプレーしたら、両手首を重ねて、こすってはいけません」。このようにディオール パフューム&ビューティ 表参道ブティックは単にショッピングをするだけのスペースではなく、個性を引き立て、新しい魅力を発見と新しい出合いに巡り合える、特別なサロンなのだ。

店内は、世界で5店舗のみで実施しているトリートメント ルーム「ディオール インスティテュート」、唯一男性用スキンケアラインも取り扱うスキンケアコーナー、エキスパートのメイクアップ サービスやレッスンも用意するコスメティックのコーナー、そして今回カウンセリングを体験したパフュームのコーナーと大きく四つに分かれており、表参道ブティックならではのディスプレイを備えている。

現在、店頭には11月11日に発売された表参道ブティック限定のミッドナイト コレクションも。輝くネイビーとヴィヴィッドなフューシャピンクを中心とした、アイカラーやネイル、ルージュなどのカラーアイテムは、ディオールにとって初めてのクリスマスのエクスクルーシブ コレクション。メゾンのビューティーメソッドやエスプリが詰まった「ディオール パフューム&ビューティ 表参道ブティック」(東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館1階E-107)。ラグジュアリーな体験を通してあなたの美しさに磨きをかけてはいかがだろう。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング