1万2,000人を動員した人気の「川越パンマルシェ」、過去最多26店をイベント前にチェック

FASHION HEADLINE / 2019年4月30日 15時29分

今年で8回目となる「川越パンマルシェ」が、5月12日にまるひろ川越店 第6駐車場および東口駐車場脇ビル1階にて開催される。


2012年の初開催より年に一度開催されている「川越パンマルシェ」には、小江戸と呼ばれ、観光地として名高い川越に点在する個性豊かなパン屋さんが集うパン好き必見のイベント。昨年は1万2,000人の来場を数えるなど大きな賑わいを見せており、川越の新たな名物となりつつある。

今回は、過去最多となる26店舗のパン屋が川越を中心とする埼玉から大集結。川越のパン屋には、ナンツカ ベーカリー(NANTSUKA BAKERY)、善太郎、ハンドメイドベーカリーニコリ(HANDMADE BAKERY nicori)、ベッカライ0044(Bakelike0044)、パンのかほり、ブーランジェ リュネット、パン工房クローバー、ワッチ(WACCI)、ブレッドマン(BREADMAN)、ベーカリークレープ、どんなときも、けやきベーカリー、手作りパン屋 Paru Paru、川越ベーカリー楽楽がラインアップ。



川越以外にも、ブーランジェリー キシモト(新所沢)、エミュウ(東所沢)、OtTIMO浦和(浦和)、panya no..takesan!(戸田)、コトン(鶴瀬)、ベーグル工房 ひらい(日高)、ル・ポポタン(ふじみ野)、しあわせパン工房KoMugi (みずほ台)、ベッカライ テルタケ(ふじみ野)、パン工房ぬっく(所沢、ブーランジェリー・ハピヤ (坂戸)、PANJA (入間)が出店する。



その他にも、ラフテルのフレンチトースト、バーガーカフェホノホノ(BurgerCafe honohono)のハンバーガー、アッパーイーストサイド(UPPER EAST SIDE)のホットドッグ、グリンコーヒー(glincoffee)のコッペパンなどパンの仲間、野々山養蜂園のはちみつ、はやしハムのベーコンといったパンのお供などの出店に加え、パンににまつわるワークショップも実施される予定。


【イベント情報】
川越パンマルシェ
会期:5月12日
会場:まるひろ川越店 第6駐車場、まるひろ川越店 東口駐車場脇ビル1階
住所:埼玉県川越市新富町2-6-1 周辺
時間:11:00~16:00(開場予定10:30)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング