自分だけのクラウドが利用できる『SoftBank SELECTION Pogoplug Mobile』

ガジェット通信 / 2012年2月2日 20時30分

SoftBank SELECTION Pogoplug Mobile
米クラウドエンジンズ社とソフトバンクBBは1月31日、『Pogoplug Mobile(ポコプラグ モバイル)』を2012年2月3日(金)より発売することを発表しました。『Pogoplug Mobile』はモバイル端末に最適化されたパーソナルクラウドサービスを個人で簡単に利用できるファイル共有デバイスで、『SoftBank SELECTION』ブランドより販売されます。非常にコンパクトで、どこに置いてもさらりと馴染む黒のシンプルなフォルム。この本体を自宅のルーターに接続すると、本体のSDカードスロットやUSBポートに接続した外部メモリーやデバイス上のデータに外出先からiPhone/Androidスマートフォンやタブレットでアクセス可能になります。
ダニエル・プッターマン氏
発表会では、ソフトバンクBBの倉光哲男氏がAndroid端末購入時にユーザーが重視する機能として、端末のデータを保存する「外部メモリーの対応有無」が挙げられると説明。『Pogoplug Mobile』の登場によってパソコンとスマートフォンとの親和性を高め、写真や動画などを外に持ち出したり、共有する楽しみが広がることを、クラウドエンジンズ社の最高経営責任者のダニエル・プッターマン氏が通訳を交えて自らプレゼンテーションしました。一度購入してしまえばサービスは無料なので、月額料金などを気にする必要がないのが楽チン。これを利用することによって、気軽にスマートフォンから写真や動画を再生・共有したり、スマートフォンで撮った写真をしっかりバックアップすることができます。
また『Pogoplug Mobile』の発売とともに、クラウドエンジンズ社は同社のウェブサイトに登録するだけで5GBの容量を無料で個人に提供するクラウドサービス『Pogoplug Cloud』サービスの提供を開始します。これは『Pogoplug Mobile』を購入しなくても利用することのできるサービスです。『Pogoplug』のサービスをタダで体験することができるのはうれしいですね。さらに、2012年3月31日までに『Pogoplug Mobile』を購入したユーザーには1年間無料で20GBの容量が提供されます。
『SoftBank SELECTION Pogoplug Mobile』主な仕様
対応パソコン:WindowsXP SP3以降、Windows7 SP1以降、Mac:Mac OS Xv10.6.6以降
対応ブラウザ:Windows Internet Explorer8/9、Mozilla Firefox6、Safari5、Google Chrome13
モバイル対応機種:iPhone3G/3GS/4/4S(iOS4.3以上)、iPad/iPad2(iOS4.3以上)、Android2.2以上搭載のスマートフォン/タブレット
インタフェース:LANポート(RJ-45)、USB2.0ポート、SDカードスロット
対応HDDフォーマット形式:NTFS、FAT、HFS+、EXT2、EXT3
対応SDカード:SD/SDHC
消費電力:最大11W
使用温度範囲:5~35℃
本体サイズ:約W109xD98xH37mm(突起物を除く)
発売日:2012年2月3日(金)
オンラインショップ予価:7980円(税込み)
販売チャネル:SoftBank SELECTION取扱店、SoftBank SELECTIONオンラインショップ


【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング