学生IT世界大会準優勝チームが平野文部科学大臣を表敬訪問 イマジンカップ

ガジェット通信 / 2012年7月22日 5時30分

平野文部科学大臣に表敬訪問ガジェット通信でも連日お伝えしたマイクロソフト主催の学生IT世界コンテスト『Imagine Cup(イマジンカップ)』だが、ソフトウェアデザイン部門で世界第2位となった国立東京工業高等専門学校(東京高専)のチーム「Coccolo(ココロ)」が19日、平野博文(ひらのひろふみ)文部科学大臣を表敬訪問し報告を行った。

平野文部科学大臣に説明をする様子イマジンカップに出展した「All Light 可視光通信による省電力照明システム」の一部を実際に持ち込み、実機を使っての説明も行った。平野文部科学大臣も質問をするなど熱心に聞き入っている様子で、平野大臣からは「世界大会での二位ということで、素晴らしいと思う」「豊かな発想に敬意を表する」といった発言のほか「本当は賞状だけではなくて賞金も」との発言もあり笑いを誘った。

ニコニコでも生中継今回、許可を得て文部科学大臣室から生放送も行い、表敬訪問の様子をお伝えもしたが大臣からの表彰の際には「888888(パチパチパチという拍手の意味)」「おめでとう!」というコメントや、大臣へ説明している部分では「大臣にも分かりやすく説明できるってプレゼン力すげぇな」と感嘆のコメントが流れた。なお本放送は配信機材に『Live Shell』を、通信は『docomo』の次世代通信LTEサービス『Xi(クロッシィ)』を利用し行った。大臣室ではLTEは届かずHSDPAで行うこととなったが回線は安定しており、つつがなく行われた。

文部科学省大臣室からイマジン​カップ表敬訪問の様子

※視聴にはニコニコ動画のプレミアムアカウントが必要となります。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング